ここから本文です

また誘われたい!と思わせる人のホームパーティーは何がちがう?

エイ出版社 6/23(木) 17:00配信

“おもてなし上手”が、あなたの周りにいませんか?

「○○さんのお家に誘われるのが、楽しみ!」
「何度だってお呼ばれしたい!」

そんなふうに思わせるような“おもてなし上手”が、あなたの周りにいませんか? とても気軽に誘ってくれて、出かけてみると、なんだかとても気が利いていて。それでいて、大げさなパーティー感はなく、カジュアルな雰囲気で居心地がいい。……そんな絶妙なバランス感覚のおもてなしをしてくれる人。

そんな記憶に残るホームパーティーは、どこが“特別”なんだろう?
暮らし上手の取材の中でわかってきたのは、どうやら彼/彼女たちのパーティーが素敵なヒミツは、ほんの小さな工夫と気遣いにあるらしい、ということ。

「どうしたらそんな素敵なパーティーにできるの?」というあなたも、「ホームパーティーなんて、そんなハードルの高いことできない……」というあなたも、参考になるポイントをご紹介します。

【1】ゲストに気をつかわせない

招待側であるおもてなし上手は、ゲストに気をつかわせないよう、さりげないけれどあたたかい工夫をしています。たとえば子どもたちが一緒のパーティーで、料理家の瀬戸口しおりさんが工夫するのは、カラフルなテーブルクロス。汚れることを前提にラフに洗って使えるものを用意するといいます。

「“こぼしても平気な布”としておけば、お母さん達も気楽。グラスからの水滴も、ちょっとした食べこぼしも、気にせずに食事が楽しめます」(瀬戸口さん)

どんなに気がおけない仲だったとしても、人の家では何をするかわからない子どもたちは、どうしてもヒヤヒヤしてしまうもの。招待側が「洗えるから、気にしないで!」と言ってくれるだけで、お子さんがいるゲストは、ぐっと心の負担が取れて、楽しめるように。もちろん、テーブルをパッと華やかに見せる効果もあります。

【2】“ゲストみんなが喜ぶこと”を考える

おもてなし上手のおもてなしが人の記憶に残るのには、理由があります。どうやったらみんなが喜ぶだろう? 場が盛り上がるだろう?……決してどういうものが“見た目がいいのか”“褒められるのか”という評価意識ではなく、一緒に楽しむことを中心に考える。だからこそ、相手を感激させ、記憶に残るのです。

たとえば、料理家・写真家のminokamoさんは、ゲストの味の好みに配慮して、タレやソースを数種類用意。幅広いゲストの好みに答えて、みんなが満足できるようにしているといいます。

また、自分で作れる無発酵パン「ロティ」がオススメとのこと。生地を前日に仕込んでおいて、生地を伸ばす工程と焼く工程をパーティー当日にゲストと一緒に作業するようにします。そうすると、参加型イベントのような形になり、自然と場が盛り上がる。こんなサプライズを用意することも、喜ばせるための工夫のひとつ。

1/2ページ

最終更新:6/23(木) 17:00

エイ出版社

なぜ今? 首相主導の働き方改革