ここから本文です

ポルトガル、エース復活の2発でグループ突破。首位ハンガリーも44年ぶり決勝T進出

フットボールチャンネル 6/23(木) 2:55配信

【ハンガリー 3-3 ポルトガル EURO2016】

 EURO2016のグループステージ第3戦が現地時間22日に行われ、グループFのハンガリーとポルトガルが激突した。

【ポルトガル、決勝T進出 EURO2016 最新順位表】

 勝ち点4のハンガリーはすでに決勝トーナメント進出を決めており、過去2戦でイエローカードをもらった選手を全員ベンチスタートにしてこの一戦に臨む。一方のポルトガルは敗れれば決勝トーナメントに進めないため本気のメンバー構成だ。

 試合は前半、ベテランの一撃で大きく動く。19分、コーナーキックのこぼれ球を拾った38歳のゲラが左足で低い弾道の狙い澄ましたシュートを突き刺し、ハンガリーが貴重な先制点をもぎ取った。

 窮地に立たされたポルトガルはボールを支配してチャンスをうかがう。セットプレーではハンガリーの堅い守備を崩せなかったが、前線の2人が一瞬の隙を見逃さず欲しかった1点を生み出した。

 42分、C・ロナウドがスルーパスを通し、相手にマークされながらボールを受けたナニがダイレクトシュートで同点ゴール。前半終了間際にポルトガルが試合を振り出しに戻した。

 一気に逆転したいポルトガルは後半開始からJ・モウチーニョを下げて18歳のR・サンチェスを投入。より攻撃的な布陣に切り替える。しかし、次の1点はハンガリーに奪われた。47分、ゴール正面でフリーキックを得たハンガリーは主将のジュジャークが左足一閃。壁に当たってコースが変わったシュートはGKルイ・パトリシオの手をかすめてゴールネットに収まった。

 勝ち越しを許したポルトガルも黙ってはいない。今度はこれまでゴールがなく批判を浴びていた男がおしゃれなシュートを見せる。50分、J・マリオが右サイドから上げたクロスに飛び込んだC・ロナウドが右足ヒールで流しこみ、再び同点とする。

 お互いに点の取り合いとなったゲームはさらに動く。55分、フリーキックを壁に当ててしまったジュジャークがこぼれ球に自ら詰めて強烈な一撃をゴールネットに叩き込み、この日2点目。ハンガリーが驚異の粘りで勝ち越しゴールを奪った。

 三たび敗退の危機に立たされたポルトガル。しかしゴールを取り戻したエースは落ち着いていた。62分、途中出場クアレスマが左サイドから上げたクロスにヘディングで合わせてGKキラーイの守るゴールネットを揺らす。この日2点目は母国を救う一発となった。

 これ以降は両チームとも落ち着きを取り戻し、試合のペースが落ちてスコアは動かずタイムアップ。同じ時間に行われていた試合でアイスランドが後半アディショナルタイムの勝ち越しゴールで2-1としてオーストリアを下したため、得失点差で上回ったハンガリーが1位、勝ち点3のポルトガルは3位でグループステージ突破を決めた。

 ハンガリーはグループ首位で44年ぶりの決勝トーナメントに挑む。ベスト16ではドイツやイタリア、スペインなど強豪ぞろいの山を回避し、決勝トーナメント1回戦でグループE2位の国と対戦する。

【得点者】
19分 1-0 ゲラ(ハンガリー)
42分 1-1 ナニ(ポルトガル)
47分 2-1 ジュジャーク(ハンガリー)
50分 2-2 C・ロナウド(ポルトガル)
55分 3-2 ジュジャーク(ハンガリー)
62分 3-3 C・ロナウド(ポルトガル)

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 6:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。