ここから本文です

【EURO2016全選手採点&寸評】ハンガリー 3-3 ポルトガル

SOCCER DIGEST Web 6/23(木) 5:30配信

選手全員のハードワークが光り、常に先手を取って首位通過!

【ハンガリー|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6.5
恒に先手を取る試合運びを披露。ポルトガル優勢の時間帯でも、安易なクリアに逃げず、最後尾のキラーイからしっかりボールを繋ぐスタイルを貫き、堂々の首位通過を果たした。光ったのは、選手全員のハードワークだ。

監督 ベルント・シュトルク 6.5
2戦目までに警告を受けていたクラインハイスラーやナジら、好調の主力を温存しながら、格上とのドローに導く。

【ハンガリー|選手採点&寸評】
GK
1 ガボル・キラーイ 6
3失点はほぼノーチャンス。29分にC・ロナウドのFKを冷静に防ぎ、攻撃時は正確なショートパスを多用した。

DF
2 アダム・ラング 6
守→攻への切り替えが速く、しばしば速攻の起点に。対峙したA・ゴメスを封じ、右サイドを安定させていた。

20 リハールド・グズミチュ 5.5
左SBコルフトとの連係不足もあり、やや安定感を欠く。前半はファウルを厭わない激しい守備が際立った。

23 ロランド・ユハース 5
28分に受けた警告にも怯まず、身体を張り続けた。減点材料はC・ロナウドへの寄せが遅れた3失点目の守り。

3 ミハーイ・コルフト 5
サイドに流れてくるナニや途中出場のカレスマの対応に苦しんだ。攻撃での貢献がほとんどなかったのも残念。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

チャンスを多く作って、強国から3度もリードを奪った攻撃陣

MF
6 アコス・エレク 6
24分と64分に訪れた決定機をモノにできなかったが、ボックス・トゥ・ボックス型のMFとして攻守に奮闘した。

10 ゾルターン・ゲラ 6(46分OUT)
19分に決めた地を這う左足のミドルは、大会屈指のスーパーゴール。警告や蓄積疲労を考慮し、前半でお役御免となった。

14 ゲルグ・ロブレンチチュ 6(83分OUT)
自陣の最深部まで守備に戻ってエリゼウの突破を防ぐなど、ハードワークを欠かさなかった。正確なクロスも◎。

16 アダム・ピンテール 5.5
ボールに絡む頻度は低くも、献身的なプレスで貢献した。ただ、ドリブルを図るマリオにあっさり突破される場面も。

7 バラージュ・ジュジャーク 7
47分のFKも、55分の一撃も貴重な勝ち越し弾。どちらも敵に当たってコースが変わった得点ながら、ここ一番で結果を残し、主将としてチームを奮い立たせた。

FW
9 アダム・サライ 6.5(71分OUT)
ペペとの競り合いで後れを取らず、前線の基準点として機能した。確度の高いポストプレーでチャンスメイク。

交代出場
DF
21 バルナバス・ベセ 5.5(46分IN)
巨躯を活かしながら球際で強さを発揮。今大会初出場を果たした。

FW
11 クリスティアン・ネーメト 5(71分IN)
サライとの交代で最前線に入るも、ボールをほとんど収められなかった。

MF
18 ゾルターン・シュティーベル ―(83分IN)
中盤の右サイドでプレー。致命的なミスも大きな見せ場もなかった。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

文:遠藤 孝輔

1/3ページ

最終更新:6/23(木) 5:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。