ここから本文です

2016参院選 今こそマニフェストの復権を

政治山 6/23(木) 11:50配信

争点はアベノミクスの是非、安倍政権への評価

 参院選が始まりました。参院選の焦点は、3年半の自民党安倍政権をわれわれ国民がどのように評価するかだと思います。大きな争点は、経済政策であるアベノミクスの是非、そして、昨年の安保法制の議論など安倍首相の政権運営です。特にアベノミクスは、道半ばなのか失敗なのか、与野党意見が分かれるところです。ただし、その恩恵が地方に行き届いていないことは、与野党ともに認識は同じです。解決策はアベノミクスを継続することなのか、失敗だというのであれば野党は具体的な対案を示しているのか、そこを国民がどう判断するかがポイントです。

 また、今回から、18歳選挙権がスタートして、若者も含めて、投票率がどうなるかも注目されています。アメリカの政治学者アンソニー・ダウンズによると有権者の投票参加に影響する要因は、次の4つであるといいます。「自分の投票の重要性」(選挙が接戦になっているかどうか)、「政党(候補者)間の期待効用差」(主張や政策の違いが明確であるかどうか)、「投票コスト」(投票日の天候や、投票の利便性等、有権者の投票への負担を取り除くこと)、「長期的利益」(選挙による民主主義のシステムが我々にとって価値のあるものだという意識)です。1番目、2番目の要因は、多分に政党や政治家に負うところが大きいと思います。現実、2009年8月、当時の民主党がマニフェストを掲げて政権交代を実現した衆院選の投票率は、ここ25年間の国政選挙で最高の69.28%でした。

「お願い」から「約束」に選挙を変えたマニフェスト

 2003年11月の衆院選の際に、国政で初めてマニフェスト選挙が導入され、今回の参院選で9回目の国政選挙になります。そもそも、マニフェスト(政権公約)とは、従来の公約と比較した概念です。スローガン調で抽象的、破られて当たり前の選挙の公約を、具体的な数値目標や期限、財源、工程表等で明示し、事後検証を可能にし、政治家が覚悟を持って断固実行しようとする公約がマニフェストです。

 マニフェストは、従来の「お願い」から「約束」に選挙を変えるための道具でした。しかし、マニフェストを掲げて政権をとった民主党が、高速道路の無料化や、ガソリンの暫定税率廃止等の目玉政策が実現できずに失脚したこともあり、マニフェストは「詐欺フェスト」、嘘つきの代名詞になってしまいました。残念なことに、民主党の流れを組む民進党は、公約集に今回からマニフェストの言葉も使っていません。

1/2ページ

最終更新:6/23(木) 11:50

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。