ここから本文です

こんな家は御免だ!夏目漱石が「夏目家の家督」を継がなかった事情

サライ.jp 6/23(木) 7:10配信

夏目漱石の次兄で電信中央局で働いていた夏目直則(なおのり)の葬儀が行われたのは、今から129 年前の明治20年(1887)6月23日のことだった。亡くなったのは2日前。29年に満たない生涯。漱石はまだ20歳、一高の学生だった。

長兄の大助も、これより3か月前に病死していた。夏目家では、家督相続を、三男の直矩(なおかた)にするか五男で末子の漱石にするかという問題が生じた。四男の久吉は4歳で早々と没していたため、5人あった男子のうち残ったのはふたりだけになっていたのである。

漱石は幼い頃、いったん塩原家に養子に出されたが、養父母の離婚に伴って塩原家に在籍のまま夏目家に引き取られていた。そこには長兄・大助の意志も働いていた。

大助は生前、

「自分は病身で妻を迎えることもできぬから、金之助(漱石)を自分の養子にして跡をとらせようか」

そんなふうに言って、漱石を養家から引き取った経緯があったという。

父親の直克は70歳となり、すっかり老け込んできていた。また、三男の直矩は道楽者だし、真面目で成績優秀な漱石の方が、将来、家督を継ぐのにふさわしいのではないか。そんな話が、夏目家の中でなされていたということだろう(じつのところ、他のふたりの兄も、なかなかの道楽者だったらしいが)。

結局は、漱石を大助の養子にするという手続きがなされないうちに、長兄・大助と次兄・直則が相継いで身罷っていた。三男の直矩も、そうした話があったのは知っているから、漱石に向かって「お前が夏目家の跡をとるか?」と尋ねた。

漱石は答えた。

「こんな家の跡を取るのは嫌だ」

かつて近在の名主をつとめる家柄だった夏目家の家運は、衰退に向かっていた。でも、それ以上に、漱石がそんな突き放した物言いをしたのは、兄への遠慮と自身の独立心によるところが大きかったのではないだろうか。

結局、家督は直矩が継いだ。

一方で漱石も、この翌年には夏目家に復籍している。

■今日の漱石「心の言葉」
門外漢から見ると気の知れない道楽のようであるが、当局者だけは至当のことと心得ている(『吾輩は猫である』より)

Web版「夏目漱石デジタル文学館」
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館。同館のサイトに特設されている「Web版 夏目漱石デジタル文学館」では、漱石自筆の原稿や手紙、遺愛品、写真など漱石にまつわる貴重な資料画像を解説付きで公開しています。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。

最終更新:6/23(木) 7:10

サライ.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。