ここから本文です

ケイト・ウィンスレット、ウディ・アレン監督の新作映画へ!?

VOGUE JAPAN 6/23(木) 22:00配信

ケイト・ウィンスレットがウディ・アレン監督の新作映画へ出演する可能性が濃厚となっているようだ。『バラエティ』誌によると、ケイトを主演とする出演交渉が大詰めの段階まできており、その交渉が成立すれば本作はケイトとアレン監督が初タッグを組む作品になると報じている。

タイトルも内容も明かされていないこの新作で、アレンは監督、脚本、プロデューサーを兼任し、プロデューサーにはレッティ・アロンソンやエドワード・ウォルソンも名を連ねているようだ。

配給元はまだ決定していないものの、最近のアレン監督との関係性からアマゾンが有力視されている。

出演陣がきまり次第、今年中にも撮影はスタートするとみられており、2018年には公開になると予想されているところだ。

そんなアレン監督はジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワート主演の『カフェ・ソサエティ』の撮影が終わったばかりで、一方のケイトはウィル・スミスと共演する『コラテラル・ビューティー』の撮影が終了したところである。

さらにケイトはイドリス・エルバと共演するフォックス製作の『ザ・マウンテン・ビットウィーン・アス』への出演契約を結んだと、先日報道されていた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:6/23(木) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。