ここから本文です

ハンガリー戦2発のC・ロナウドがダブルで新記録! 史上初のEURO4大会連続弾と最多試合出場更新

Football ZONE web 6/23(木) 6:31配信

大会3試合目にして2G1Aと本領発揮

 欧州選手権(EURO)グループステージ敗退危機にあったポルトガルを救ったのはエースFWクリスティアーノ・ロナウドだった。グループステージ最終戦のハンガリー戦で今大会初得点を含む2ゴール1アシストでチームの決勝トーナメント進出に大きく貢献。

スペイン紙女性記者が選んだEUROのセクシーイレブン! C・ロナウドにまさかの展開が…

 ロナウドは0-1と先制を許して迎えた前半42分、ロナウドが高速スルーパスを通し、FWナニの得点をアシスト。後半開始直後に相手FWバラージュ・ジャジュークに決められて1-2となった同5分、右サイドのMFジョアン・マリオからのクロスを技巧的なバックヒールで流し込んでスコアを2-2のタイに戻した。

 自身の得点直後に再びジュジャークにゴールを叩き込まれたことで激怒したロナウドだが、その怒りをパワーにした。同17分に左サイドのFWクアレスマからのクロスに飛び込み、強烈なヘディングシュートを叩き込んで三たび追いついた。90分間を通じて10本のシュートを放った男が、不名誉な敗退の危機からチームを救った。

3位通過で決勝Tの激戦を避けたか

 ロナウドにとってこの日は記録づくめの試合となった。EURO通算出場試合は史上最多の17試合となった。これまで最多タイで並んでいたGKエドウィン・ファン・デルサール(オランダ)、DFリリアン・テュラム(フランス)の16試合を更新した。

 そして開催国代表として19歳でデビューした2004年大会に初ゴールをマークして以降、足掛け12年で史上初となる4大会連続ゴールの偉業を成し遂げた。またこの日2得点を挙げたことで大会通算8得点とし、元フランス代表MFミシェル・プラティニ氏の持つ大会記録の「9」にあと1ゴールに迫った。

 CR7の活躍もあって引き分けに持ち込んだポルトガルは、同時刻に行われたアイスランド対オーストリアが2-1でアイスランドの勝利で終わったため、グループ3位での通過が決定した。結果的に開催国フランスや大会3連覇を目指すスペイン、W杯王者のドイツや今大会好調のイタリアとの同じ山に入らずに済んだ。GSでは苦しみぬいたポルトガルとCR7に、逆襲のチャンスがやってきたとも言えるだろう。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/23(木) 7:32

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。