ここから本文です

今年もパ強しだった交流戦。各チーム、勝敗を分けたポイント

ベースボールチャンネル 6/23(木) 17:00配信

今年はパの勝利数が「60」、セは「47」

 今年も3週間、6カードにわたる交流戦が終了した。今季もパリーグはセリーグに勝ち越した。

 交流戦の順位表をまとめた。
 ピタゴラス勝敗は、得失点に基づいて割り出した勝敗となる。

 勝率5割以上をマークしたのはパは5球団、セは2球団のみだ。パは60勝47敗1分と13の勝ち越しとなった。
 しかし昨年はパの61勝44敗3分と17の勝ち越しだった点からして、少しセが押し戻したともいえる。

 得失点に基づいて勝敗を算出するピタゴラス勝敗で見れば、63勝45敗、18の勝ち越し。セは得失点差以上に善戦したとも分析できる。

 ピタゴラス勝敗と実際の各チームの成績を照らし合わせてみる。

 広島は得失点差はわずか4にも関わらず、11勝6敗と大きく勝ち越している。鈴木誠也の3試合連続決勝本塁打に象徴されるように、接戦を制して勝利につなげた。

 巨人、阪神はもっと負けこんでいてもおかしくなかった。

3週ともパが勝ち越し

 週単位で交流戦の成績を追いかけよう。

 3週間のうち、1週目(5/31-6/6)と3週目(6/14-6/20)は、パリーグが勝ち越しているものの勝敗差は大きくない。両リーグの勝敗は拮抗していた。

 しかし2週目(6/7-6/12)でパは一気に10もの勝ち越し。この2週目の勝敗で、交流戦の雌雄は決したと言っていい。
 ちなみに2週目の2カードは、いずれもパのホームゲームだった。ビジターの試合で、セはパに全く歯が立たなかった。
 特に巨人と阪神は1勝5敗、ここでの負け越しが交流戦の成績に響いた。

チーム防御率No.1の中日、成績は負け越し

 投打の成績を振りかえる。チームの投手成績、防御率順に並べた。

 好調な球団ほど成績が良いのは当然だが、注目したいのは中日が12球団No.1の防御率だったという点。それでも7勝11敗と負け越していることは後に触れるが、チーム打率1割の打線に原因がある。防御率3.06で11勝6敗と勝ち越している広島とは対照的だ。
 また投手力が充実していたはずの巨人が4点台、そして昨年のセリーグ王者・ヤクルトは5.90で苦しんだ。

 セリーグはチームとしての完封(継投含む)が13、一方のパリーグは7だった。

1/2ページ

最終更新:6/23(木) 17:27

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。