ここから本文です

デル・ボスケ監督、イタリア戦に向けて意気込み「我々には分析する時間がある」

フットボールチャンネル 6/23(木) 7:10配信

 スペイン代表を率いるデル・ボスケ監督が、EURO2016の決勝トーナメント1回戦・イタリア戦に向けて意気込みを語った。22日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

【スペイン、土壇場で2位に転落 EURO2016 最新順位表】

 現地時間21日に行われたクロアチア戦では、7分にアルバロ・モラタのゴールで先制するも、45分にニコラ・カリニッチのゴールで追いつかれ、87分にイバン・ペリシッチに逆転ゴールを許してしまった。

 1-2の敗戦を喫し、2位突破となったことで次の対戦相手がイタリア代表となっている。デル・ボスケ監督は次のイタリア戦に向けて意気込みを語った。

「我々は挫折から可能な限り回復しなければならない。月曜日には良い状態に持って行きたいね。我々はそれほど悪い状態ではなかったが、結果は結果だ。次のイタリア戦に気持ちを切り替えて準備をする必要がある。選手たちは沈黙したまま席に座っていた。負け慣れていないからね。過度に評価するわけではないが、選手たちは良くやったと思う。終了間際のわずか1点の差だけだった。選手たちに不満はない。幸いにも我々にはイタリアを分析する時間がある」

 奇しくもスペイン対イタリアの試合は、EURO2012決勝戦と同じ組み合わせとなった。このときはスペインが4-0でイタリアを下し優勝をおさめている。果たして、今回の対戦で勝利を手にするのはどちらのチームになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 7:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。