ここから本文です

欧州でナニ争奪戦が勃発。トルコで復活遂げ再び人気銘柄に

フットボールチャンネル 6/23(木) 7:40配信

 トルコリーグ参戦で見事な復活を遂げたポルトガル代表FWナニに欧州各国の強豪クラブが熱視線を送っている。スペイン紙『ムンド・デポルティボ』などによれば、少なくとも3ヶ国の名門が獲得に興味を示しているようだ。

 フェネルバフチェ移籍1年目の今季、公式戦46試合に出場し12ゴールを挙げたナニ。近年の低調ぶりが嘘のようなパフォーマンスで再び評価を高めている。

 3月の時点で報道が出ていたイタリアのインテルのほか、スペインからバレンシアとアトレティコ・マドリー、イングランドからはエバートンと古巣マンチェスター・ユナイテッドがナニの動向を追っているという。

 特にスペイン勢は熱心で、11月に30歳を迎えるウィンガー獲得に向けてフェネルバフチェに移籍金500万ユーロ(約6億円)を支払う構えを見せている。また、ユナイテッドは同胞のジョゼ・モウリーニョ監督が就任したことで獲得への関心を強めているようだ。

 トルコメディアの報道によればフェネルバフチェはナニの引き抜きを試みるクラブに移籍金850万ユーロ(約10億円)を要求している。選手の代理人は今夏の退団を示唆しており、両者のもつれも懸念される。

 果たしてナニは欧州の第一線に返り咲けるのか。30歳を前に今夏がトップレベルの舞台へ戻るラストチャンスになるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 10:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。