ここから本文です

ハンガリー、今は亡き32歳守護神のグローブ使用で決勝トーナメント進出

フットボールチャンネル 6/23(木) 7:50配信

 ハンガリー代表のGKガーボル・キラーイは、昨年11月に32歳で亡くなったGKマートン・フロップ氏のグローブを使用してEURO2016に臨んでいたようだ。22日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【首位ハンガリーも44年ぶり決勝T進出 EURO2016 最新の順位表】

 フロップ氏はかつて、トッテナムやレスター・シティ、マンチェスター・シティなどでプレーしていた。ハンガリー代表としては2005年にデビューを果たした後、通算24試合に出場。しかし、2013年に癌が発覚し、現役引退していた。だが、2015年11月に癌のため亡くなっている。

 同紙によると、幸運のお守りとしてフロップ氏のグローブを使用し、グループステージでは1勝2分の成績で決勝トーナメント進出を果たしたとのこと。今は亡き元ハンガリー代表の精神を受け継いで、ハンガリーの選手たちは試合に臨んでいるようだ。決勝トーナメント1回戦ではベルギー代表と対戦する。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 7:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革