ここから本文です

イグアイン、23年ぶりコパ・アメリカ制覇に自信「優勝にふさわしいチームだ」

フットボールチャンネル 6/23(木) 8:20配信

 1993年大会以来のコパ・アメリカ制覇まで、あと一勝と迫ったアルゼンチン代表。FWゴンザロ・イグアインはこのチームでその歴史を塗り替えることができると信じている。22日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

 4-0と勝利した、開催国アメリカとの準決勝。イグアインは後半に2ゴールを決め勝利に貢献した。試合後にイグアインは、2014年のワールドカップ、2015年のコパ・アメリカといずれもファイナルで敗退していることを受けて、「3つの大会で連続してファイナルに残るのは簡単なことじゃない。このチームはこの流れを断ち切るに相応しい」と述べた。

 そして、「もう一度ファイナルに進んだ。今度はタイトルを逃したくない。みんなワクワクしている」と久しぶりのビッグタイトル獲得に向けての意欲を見せた。

 予選リーグから決勝までの5試合を全勝、18得点2失点と盤石の強さを見せるアルゼンチン。指揮官のヘラルド・マルティーノ監督も「我々が最強かどうかは日曜日にわかる」と述べ、「今回は答えを出さねばならない」と優勝が至上命令であるとしている。果たして、アルゼンチンは負の歴史を絶つことができるのだろうか。コロンビアvsチリの勝者と激突する決勝は現地26日(日)20:00キックオフだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。