ここから本文です

EURO惨敗の“迷走”ロシア 2018年W杯開催国の威信を懸け、マンC前監督の招聘が急浮上!

Football ZONE web 6/23(木) 15:50配信

ロシア代表再建のキーマンに、ペジェグリーニ氏が浮上

 欧州選手権(EURO)グループステージで1分2敗と、1勝もできずに敗退となったロシア代表の次期監督に、今季マンチェスター・シティを率いたマヌエル・ペジェグリーニ氏が急浮上しているという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 ロシアはイングランド、ウェールズ、スロバキアと同居したグループを未勝利で終えた。CSKAモスクワの監督と兼任するという異常な状態で指揮を執ったレオニード・スルツキー監督は、「何があっても我々は監督を代える必要がある。ロシアサッカー連盟も、この質問に答えなければいけない」と語っていた。

 2018年には自国開催のワールドカップを控えているロシアにとって、今後2年間の代表監督を誰に任せるかは非常に重要な事柄だ。その対象として、チリ人指揮官のペジェグリーニ氏が浮上しているという。

 今季限りでシティを退任するペジェグリーニ氏に対しては、日本代表FW本田圭佑が所属するACミランから次期監督しての調査があると報じられていた。ミランは中国企業グループのアリババと株式売却交渉の渦中にあるが、中国側が来季指揮官としてペジェグリーニ氏を調査するという状況だった。

ミランとの交渉は暗礁に乗り上げる

 しかし、シルビオ・ベルルスコーニ会長が心不全で倒れ、心臓弁の手術を行うという急転直下の状況に陥ったことで、交渉は全く前に進んでいない。株式売却が不調に終わればイタリア人指揮官で戦うことは確実とされているため、ペジェグリーニ氏も宙に浮いた状態になっていた。

 同紙によると、ロシアはペジェグリーニ氏に対してワールドカップまでの2年契約を提示する構えを見せているという。同氏にとっては、予選を戦うことなく確実にワールドカップ出場監督に名を連ねる、またとないチャンスになる。

 果たして、自国開催の威信を懸けて戦うロシアのベンチには、ペジェグリーニ氏が座ることになるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/23(木) 15:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。