ここから本文です

『ジャングル・ブック』の“話す動物”はなぜリアル? ファヴロー監督が制作秘話明かす

リアルサウンド 6/23(木) 16:17配信

 全米公開時に3週連続NO.1を記録したディズニー映画『ジャングル・ブック』より、リアルな動物たちを描き出した制作手法が明かされた。

 本作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のディズニー・スタジオが手がけたエンターテイメント巨編。ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリと、自然の掟と共に雄々しく生きる動物たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを描く。『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督がメガホンを取った。

 本作に登場する動物たちは、実在しているかのようなリアルさを持ちながら、違和感を抱かせる事なく話し、表情やしぐさで自身の感情を表現している。現実には存在しないリアルな動物達を描くため、制作陣は多くの映像をもとに徹底的なリサーチを行い、動物の感情表現や体の動かし方などを研究。“人間のような”感情表現ではなく、自然の動物たちの取りうる仕草が再現され、声優の演技にあわせて動物たちのボディランゲージが用いられた。
 
 ファヴロー監督は「もしも話すことができる動物が実在したら、それはこの映画のキャラクターたちと全く同じ動きになるはずだよ」と話し、「この映画では、ひとつずつのシーンに何百人という人間が関わって、鑑賞者が没入出来るストーリーを描くためにあらゆる努力を注いでいるんだ。でも彼らの存在を鑑賞者が認識することは決して無い。圧倒的なリアリティを感じてもらうために、僕たちは完全に技術の“足跡”を消すことを心がけたんだ」と撮影秘話を明かした。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/23(木) 16:17

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。