ここから本文です

リオ五輪“3人目のOA”興梠を初の世界大会に導いた絆 「テグさんの期待に応えたい」

Football ZONE web 6/23(木) 18:22配信

8年前に果たせなかった五輪行き 「一つでも上に、メダルも取りたい」

 手倉森ジャパンのラストピースは、最前線のFW興梠慎三(浦和)に決まった。23日、日本サッカー協会と浦和レッズは興梠がリオデジャネイロ五輪代表のオーバーエイジに選出されたことを発表した。興梠は、同世代の日本代表FW本田圭佑(ACミラン)や同FW岡崎慎司(レスター・シティ)へのライバル心をチラリとのぞかせながら、手倉森誠監督との絆が決断に向けて背中を押したと、この日の浦和のトレーニング終了後に心境を語った。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 1986年生まれの興梠は、大会直前に30歳の誕生日を迎える。世代で言えば、2008年の北京五輪を目指していた年代だ。当時、鹿島に所属していた興梠は前線の候補の一人とされながらも落選。“自分の世代”では、五輪の舞台を踏むチャンスに恵まれなかった。それだけに、「自分も岡崎とか本田とか同じ歳だけど、昔は同じぐらいのレベルだったので、今はどんどん離されているけど、自分もやればできるんだぞというのを試す良い機会だと思う」という意気込みもあるという。

 浦和は6月11日の鹿島アントラーズ戦から3連敗を喫していた。その直前にはFCソウルとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)16強のゲームでも敗退し、結果の伴わない時期が続いていた。そのことが、興梠の心を逡巡させた。だが、手倉森監督の言葉が最後の一押しとなり、オリンピックの舞台に立つと決意したという。

「個人的にチームを離れるということですごく悩んだし、なかなかチームが勝てないなかで決断することはすごく難しかった。自分がどこまでできるのか、そして五輪から帰ってきてからどれだけチームに貢献できるのか、いろいろ考えた時に自分のレベルアップした姿を見せたと思ったので決断した。最初は断ったけど、手倉森監督から直々に連絡が来て、『一緒に戦ってほしい』ということで熱くきたので、それに応えたいというように思いが変わった」

前線でのキープ力に期待する指揮官

 そして、手倉森監督との信頼関係をこう語った。

「テグさん(手倉森監督)は昔から共通の知り合いがいて結構会うような関係だったので、性格も知っている。自分は代表とかあまりモチベーションがない方なので、たぶんテグさんじゃなかったら行くこともなかっただろうし、テグさんだから一緒に戦いたいというのはある。レッズに来た時もミシャ(ペトロヴィッチ監督)と戦いたいという思いで来たし、そういう関係でテグさんも自分に期待を込めて呼んでくれたと思う。僕はその期待に応えないといけない」

 そして、「テグさんからは前でキープしてゲームを作ってほしいということを言われたし、自分はそれを得意としているので、そういうのを出せればいいと思う」と、すでにチーム内での役割が与えられていると話した。スピードあふれるFW浅野拓磨(広島)や、ゴール前でのプレーに強さを見せるFW久保裕也(ヤングボーイズ)などのFW陣の中では、稀有な万能型FWになる。どんな組み合わせでも、パートナーの長所を引き出しつつチーム全体の攻撃力を上げることができるだろう。

「(年齢制限もあって)限られた選手しか行けない大会だし、世界中のみんなが見る大会。特別な思いだし、日の丸を背負って戦うのも気持ちは違う。自分は浦和の選手なので、浦和のサポーター、選手はみんな見てくれると思うので、少しチームを犠牲にしていくわけだから、中途半端な気持ちでは戦えないと思う。やるからには1つでも上に、そしてメダルも取りたいけど、まずは初戦が大事だからそこに全力を注いでいきたい」

 自身初のメジャーな国際大会へ向けて決意を語った興梠。日本人選手としてACL最多ゴール記録も保持する男は、1968年メキシコ五輪以来のメダル獲得を最大目標に掲げる手倉森ジャパンの前線で存在感を放つはずだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/23(木) 18:22

Football ZONE web