ここから本文です

パンサー・尾形さんのサッカー人生と後輩・中村憲剛。「本当の長老になってほしい!」【INTERVIEW】

フットボールチャンネル 6/23(木) 10:40配信

 ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。今回は、「サンキュー!!」でおなじみ、お笑いトリオ「パンサー」尾形貴弘さんのインタビューをお届けする。大学時代の後輩にあたる、中村憲剛との知られざるエピソードが明らかに!?(取材・文:中山佑輔)

【動画】中村憲剛は俺が育てた!? パンサー尾形が登場(FChan TV#10)

サッカーのために、中学時代は一人暮らし

―――まずサッカーとの出会いについて教えていただけますか?

 小学校2年生のときに、神社で近所のお兄ちゃんたちがやってたサッカーに入れられたんです。「入れ」って言われて。そのとき一緒にやってたのは6年生だったんですけど、俺サッカーなんて知らなかったのに全員ドリブルで抜いていったんですよ。

 そのときに「こんなに楽しいスポーツがあるんだ」って思って、父ちゃんに「サッカーっていうやつあるからやらせてくれ」って言って。でも小学校のサッカー部は5年生からしか入れない。そしたら父ちゃんが探してきてくれて、電車で6駅くらい行ったところに松島サッカースポーツ少年団っていうのがあると。そこに行かせてくれたんですよ。

 それから小学校の間はずっと、もう毎日、小学校が終わったら一回家に帰って、赤いジャージに着替えて、サッカーボールを持って電車で通ってました。結構有名だったんですよ。赤いジャージ着た小さいやつが、電車の中とかでもドリブルとかリフティングをしてて(笑)。

―――それは目立ちますね(笑)。中学に入られてからはどうだったのでしょうか?

 中学になると、僕はその少年団のところから地元に戻らないといけないので、地元に戻って。でも地元の中学校は僕らが入ったときにサッカー部ができたくらいで、ちゃんとした指導者はいないし、全然弱くて。

 それで、小学生のときの指導者の人が中学の宮城県選抜の監督もやっていたのかな。その人から「お前そこにいたらダメだ。(中学校を)辞めろ。辞めて一人暮らしして出てこい」って言われて。それで俺、一人暮らししたんですよ(笑)。中一の終わりぐらいから単身(笑)。それで少年団で一緒にやってたやつらが多い中学校に移って。

―――(笑)。中学で一人暮らしって、なかなか想像できないですね。

 そうなんすよ。母ちゃんがメシ作りに来てくれて、また家帰っていくっていう。それがなかったらサッカー続けてなかっただろうな。

 それで俺、転校したらすぐにスイーパーやらされたんです。小学校のときはゴリゴリのドリブラーで攻めしかやってなかったのに。ディフェンスのやり方もわかんないし、もうストレスで。

 でも監督がうまいこと俺を使ってくれたんです。俺はスイーパーとして後ろでプレーするんですけど、俺が一番後ろでフリーのときにボールを持つと、全員がサイドに開いてくれるんですよ。

 みんながサイドに張ってくれてマークを引き連れてくれる。それで、(中央に残った)4,5人と勝負できるんです。そこに一番後ろから俺がドリブルでバーって行く。それはやらしてくれたんですよ。「尾形が一番後ろでボールを持ったら全員(サイドに)開け」と。でも「基本はディフェンスだ」と。

1/5ページ

最終更新:6/23(木) 11:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)