ここから本文です

湘南が新外国人FW獲得。タイでは無得点に終わるも…残留の切り札となるか

フットボールチャンネル 6/23(木) 11:20配信

 J1の湘南ベルマーレは、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)からブラジル人FWウェズレーを期限付き移籍で獲得したことを発表した。2ndステージ第1節の横浜FM戦から出場が可能となる。背番号は「29」に決まった。

 ウェズレーはこれまで全南ドラゴンズや江原FC、釜山アイパーク(いずれも韓国)にも所属し、アジアのクラブに長く在籍した選手である。

 湘南のオフィシャルサイトで、「昔から日本でプレーしたいと思っていたので、今回湘南ベルマーレに加入できてとても嬉しく思います。私にとってビッグチャンスが訪れたと感じていますし、湘南ベルマーレで得たそのチャンスを形にするため、チームのために最大限自分の力を発揮し活かしたいと思います」と新天地での意気込みを語っている。

 今年3月に開幕したタイ・プレミアリーグで、ウェズレーは13試合に出場して無得点。ブリーラムは今季のACLで広島と同組だったが、ウェズレーは同大会の出場はない。韓国・Kリーグ時代は通算で86試合で20得点だった。

 1stステージ残り1節の時点で湘南は降格圏内の16位。新潟や甲府、名古屋、鳥栖らと残留争いを繰り広げている。

 クラブ最長を更新する3シーズン連続のJ1残留に向けて、切り札としての活躍ができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 11:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革