ここから本文です

守護神チェフも代表引退か…「決断する時だろう」。母国チェコはGSでEURO敗退

フットボールチャンネル 6/23(木) 12:07配信

 チェコ代表GKペトル・チェフが、代表引退を示唆する発言をした。スペイン紙『マルカ』などが報じている。

【グループステージ敗退が決まったチェコ EURO2016最新順位表】

 EUROを戦っていたチェコ代表だが、1分2敗という結果に終わりグループステージ敗退が決まった。

 0-2で敗れたトルコ戦後、チェフは「代表を続けるかどうか、決断する時だろう。今日決めるつもりはない」と語り、代表キャリアについて決断を下す必要があると語っている。

 スウェーデン代表のズラタン・イブラヒモビッチ、イタリア代表のアンドレア・バルザーリ、クロアチア代表のイビチャ・オリッチといった選手が今大会をもって代表引退を表明している。

 アーセナルでも守護神として君臨するチェフは、チェコ代表史上最多となる124キャップを保持。今大会を含めた4度のEURO出場に加えて、2006年ドイツW杯にも出場している。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 12:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。