ここから本文です

英国のEU離脱問題、独紙が冗談「残留ならウェンブリーの”あのゴール”認める」

フットボールチャンネル 6/23(木) 13:00配信

 イギリスがEU(欧州連合)から離脱するか、残留するかの国民投票が日本時間23日の15時から開始される。この問題に関してはドイツも関心を示しているようで、独紙『ビルト』は「英国がEU残留ならウェンブリーの”あのゴール”認める」との見出しで、冗談を交えて特集した。

 同紙が指す”あのゴール”とは、1966年イングランドW杯の決勝戦、ウェンブリー・スタジアムで行われたイングランド対ドイツ(当時:西ドイツ)の疑惑のゴールのことを指している。試合はヘルムート・ハーラーのゴールで西ドイツが先制。しかし、イングランドもジェフ・ハーストの得点で同点に追いついた。

 その後、お互いに得点を積み重ね2-2で延長戦を迎えた後、4-2でイングランドが勝利し優勝を果たしている。ただ、ハーストがこの試合で挙げた2得点目に関しては、ボールがクロスバーに当たって真下に落ち、ゴールラインを超えていないように見えるゴールだった。しかし、審判がゴールを認めている。

 ドイツにとっても、イギリスのEU離脱は避けたいようだ。場合によっては、イギリスのEU離脱をきっかけに、他の国も追従するのではないかと危惧されている。果たして、イギリスの国民はどのような選択をするのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 13:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革