ここから本文です

王者チリ、雷雨で160分の中断もコロンビア寄せ付けず。2大会連続アルゼンチンとの決勝へ

フットボールチャンネル 6/23(木) 13:16配信

【コロンビア 0-2 チリ コパ・アメリカ準決勝】

 コロンビア代表とチリ代表は現地時間22日、コパ・アメリカ準決勝で対戦した。

 前日には開催国アメリカに勝利を収めたアルゼンチンが決勝進出を果たしており、もう一つのファイナリストを決める一戦は前回王者チリが序盤から圧倒する。

 試合開始早々の7分、クロスボールのクリアを拾ったチャルレス・アランギスが押し込み、チリが先制点を奪う。

 さらにチリはその4分後に追加点を挙げる。GKのロングフィードを拾ったアレクシス・サンチェスが単独で突破してミドルシュートを放つもこれはポストに直撃。しかしこれをホセ・フエンサリダが押し込んで2-0とした。

 序盤に2点を奪ったチリのリードで前半を終えるが、ハーフタイムで思わぬハプニングが発生する。開催地シカゴに発生した強い雷雨によって後半開始が大幅に遅れ、約2時間40分後にようやく試合が再開した。

 長いブレークタイムを経て同点に追い付きたかったコロンビアだが、さらなる不運に見舞われる。カルロス・サンチェスが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、10人で2点差を追う状況に迫られる。

 10人のコロンビアはクリスティアン・サパタがセットプレーで、ハメス・ロドリゲスがミドルシュートでゴールに迫るが、集中力を高めたチリから得点を奪うことができない。

 結局最後までチリが10人のコロンビアを寄せ付けず、2-0で勝利してアルゼンチンが待ち受ける決勝に駒を進めた。

 昨年1月に行われた大会でもチリは決勝でアルゼンチンと対戦しているが、PK戦の末に同国史上初の優勝を果たしている。

【得点者】
7分 0-1 アランギス(チリ)
11分 0-2 フエンサリダ(チリ)

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 16:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。