ここから本文です

元レアル指揮官が激白。ノルウェー超新星の獲得は…「ペレス会長のPR活動」

フットボールチャンネル 6/23(木) 18:30配信

 レアル・マドリーを率い10度目のチャンピオンズリーグ優勝を達成したカルロ・アンチェロッティ氏が自身の書籍の中でマルティン・ウーデゴーの獲得はフロレンティーノ・ペレス会長の“パフォーマンス”であったことを認めた。22日付け『アス』が報じた。

 ウーデゴーは2015年の冬の移籍マーケットで16歳の若さで母国ノルウェーのストレームスゴトセトからマドリーに加入。2013年から2015年までマドリーの指揮を執ったアンチェロッティ氏はノルウェー期待の星の獲得がペレス会長のマーケティング活動であったとしている。

「フロレンティーノがノルウェー人選手を獲得するとなれば、ただそれを受け入れるしかない。さらに会長がPR活動としてトップチームで3試合に出場しなければならないと決めればね」

 さらにアンチェロッティ氏は「彼(ウーデゴー)は世界最高の選手かもしれない。でも私にはそんなの関係ない。なぜなら私が獲得を頼んだ選手じゃないからね」と自らが望んだ補強ではなかったことを明かした。

 現在はBチームでプレーしている17歳のウーデゴーだが、果たして再びトップチームでプレーすることはあるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 20:52

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ