ここから本文です

ミラン、“チャイナマネー”でイブラ獲得? マンUに匹敵する年俸13億円を用意

フットボールチャンネル 6/23(木) 22:01配信

 来季の所属クラブが注目を集めるズラタン・イブラヒモビッチに、ここにきてミラン移籍の可能性が浮上した。23日、イタリア『メディアセット』が報じている。

 ミランは中国資本によるクラブ買収が実現した場合、イブラヒモビッチに対してマンチェスター・ユナイテッドに匹敵する年俸1100万ユーロ(約13億円)を提示するようだ。同選手はユナイテッドへの移籍が確実視されていたが、ミランへの愛はかねてより語っていた。

 先日には代理人であるミーノ・ライオラ氏が「最後まで希望を持て。どうなるか様子を見てみよう」と語り話題を呼んだ。

 果たして、ミランは土壇場でユナイテッドからイブラヒモビッチを横取りすることができるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/23(木) 22:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)