ここから本文です

調達額1兆円超えの配車アプリ「滴滴」VS「ウーバー」の終わりなき資金獲得戦争

Forbes JAPAN 6/23(木) 9:00配信

中国の配車アプリ最大手、「滴滴出行(ディディチューシン)」は6月16日、新規および既存の投資家から新たに73億ドル(約7,600億円)を調達した。



エクイティによる資金調達額は45億ドルで、アップルとアリババ、金融企業のアント・フィナンシャル、テンセントなどが資金を提供した。また、中国人寿保険による長期社債の取得と、中国招商銀行が組成したシンジケートローンから35億ドルを調達した。

これにより滴滴の手元キャッシュは105億ドル(約1兆1,000億円)に積み上がり、最も資金力のあるネット系スタートアップとなった。関係者によると、今回のラウンドでの評価額は280億ドル(約2兆9,000億円)近くに達するという。

滴滴の中国シェアは9割でウーバーを圧倒

最大のライバルであるウーバーがサウジアラビアの政府系ファンドから35億ドルを調達して話題を呼んだばかりだが、滴滴はわずか2週間でその額を上回った。調査会社の推計によると、滴滴の中国でのシェアは90%以上で、ウーバーの約10%に大差をつけている。

ウーバー以外の競合には、ビリオネアの賈躍亭(ジア・ユエティン)が創業した動画配信サイト「LeEco」が出資する「Yidao Yongche」(易到用车网)や、レンタカー会社「CAR Inc.」と提携している「Ucar」が含まれる。

滴滴は中国の400都市でサービスを展開し、配車件数は1日当たり1,400万に達するが、黒字転換はまだできておらず、直近の評価額は非常に高いと言える。

滴滴の主な収益源は広告売上と手数料収入だが、割引クーポンの発行やR&D関連の経費がかさんで現状は赤字が続いている。競合も同様に苦戦しており、ウーバーは昨年中国で10億ドルの赤字を計上したことを明らかにしている。

ウーバーは他の先進国では黒字化を達成できているという。Ucarもレンタカー費用やドライバーの給与でコストがかさみ、昨年は37億元(約590億円)の赤字だったことが上場申請書類に記載されている。

滴滴は財務情報を公開していないものの、400都市の約半分で黒字化を達成したとしていることから、残りの都市ではまだ赤字であると推測できる。同社は新たな収益源として、法人向け配車サービスや自動車のEC事業を検討しているという。

1/2ページ

最終更新:6/23(木) 9:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。