ここから本文です

【J1採点&寸評】浦和×FC東京|“調子が悪い”両者を物語る展開。浦和がシュート19本と攻め抜き大逆転

SOCCER DIGEST Web 6/23(木) 2:33配信

槙野の2ゴールは見事だった。しかし、またも失点に絡んだ守備は課題に。

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
3試合連続、ミスから最初の決定機を決められてしまう。しかも、軽率な守備から追加点も奪われる。しかし後半、相手が引いたところ、一気に畳み掛けて槙野の2ゴールと李の胸で押し込む逆転弾で、5月8日の大宮戦以来の白星を挙げた。サイドから逆サイドにつなぐ展開、柏木から李へのスルーパスなど、最近見られなかった理想とする崩しが見られた点も光明だ。

【浦和 3-2 FC東京 PHOTO】まさにコントラスト!! カメラがとらえた明暗――。

FC東京 5
“浦和の負けパターン”に持ち込んだものの、選手を交代するたびに守備のバランスを悪くして、相手を勢いづかせた。加えて、劣勢を挽回する策を見出せなかった。終わってみれば、シュート8対19と攻撃面での意識の差が、結果につながってしまった。
 


【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
ムリキの決定的なシュートのコースを切ったことで、ポスト直撃に免れる。それでもミスからとはいえ4試合連続失点。守備面の課題は残したままだ。

DF
46 森脇良太 6
ボールのコントロールミスからピンチを招いた場面もあったが、ビルドアップ面では柏木に続くチャンスメイカーとなっていた。李の決勝点につながる、最初のシュートも放った。
 
6 遠藤 航 5.5
阿部へのパスを奪われて失点を与える。途中までムリキの対応に手こずったが、徐々に1対1でも勝つ回数が増えた。安定感をやや欠いた。

5 槙野智章 6.5
「元FWなので、得点感覚はある」という、ヘッドとミドルによる2ゴールは見事だった。しかし、その活躍によって、またも失点に絡んだ点をあやふやにしてはいけない。マークを外されたあとに選手を追わないのは、本当にこのままでいいのだろうか? 6.5をつけたものの、守備に関しては合格点を与えられない。次戦は出場停止。
 
MF
24 関根貴大 5.5 (58分OUT)
左サイドから右サイドへ流れる攻撃が久しぶりに見られ、惜しいシュートやクロスを放った。最近は早い時間帯に先制点を与えていることも影響しているが、関根が絡む攻撃は、もっとスピードを上げないと脅威を与えられないか。
 
 

1/4ページ

最終更新:6/23(木) 23:46

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。