ここから本文です

C・ロナウドが2ゴールもドローのポルトガル…3位で決勝トーナメントへ

SOCCER DIGEST Web 6/23(木) 3:10配信

堅守を誇り、しっかり繋ぎチャンスを創出し続けたハンガリー。

 6月22日(現地時間)、EURO2016のグループステージで、ポルトガルは3-3でハンガリーと引き分けた。
 
 先の2戦をいずれも引き分け、3位に沈んでいるポルトガル。一方、勝点4を獲得したハンガリーはすでに決勝トーナメント進出を決めているという、予想外の状況で最終節を迎えることとなった。
 
 この試合で勝点1を奪えば、3位でもグループステージ突破が決まるポルトガルは、序盤から積極的にゴールを狙っていく。11分にはナニの打点の高いヘッド、16分には右からのクロスをC・ロナウドが身を投げ出して頭で合わせるなど、惜しいシュートを放った。
 
 一方のハンガリーは、これに対して堅い守備で対抗するが、守り一辺倒ではなく、ボールを奪うとしっかり繋ぎ、両サイドから良質のクロスを入れてチャンスを作る。
 
 一進一退の攻防が続くなか、19分に試合は動いた。先制したのはハンガリーだ。CKのクリアボールを胸トラップしたゲラが、落ち際を強烈に叩いて、ポルトガル・ゴールの右隅を破った。
 
 負ければグループステージ敗退となるポルトガルは窮地に追い込まれ、焦りもあってかプレーの精度が落ち、またハンガリーの守備がさらに集中力を高めたことで、しばらくは苦しい状況を強いられる。
 
 40分にはロブレンチチュに左サイドを突破され、きわどいクロスを入れられてぺぺが辛うじてクリアするなど、危ない場面も迎えたポルトガルだが、その矢先に同点ゴールは生まれた。
 
 C・ロナウドが中盤からグラウンダーの縦パスを通すと、斜めに走り込んできたナニが振り向きざまに左足を一閃。ボールはGKキラーイのニアを抜けていった。
 
 試合を振り出しに戻し、少し安堵して後半を迎えたポルトガルだが、開始2分で再びビハインドを負うこととなる。ジュジャークが蹴ったFKが壁に当たって軌道が変わり、ゴールネットを揺らしたのだ。
 
 その直後にもロブレンチチュに決定的なシュートを浴びたポルトガルだが、50分、マリオの右からのクロスを、C・ロナウドが跨ぎながらヒールでコースを変える技巧的なシュートを決め、再び同点に追い付いた。
 
 ようやくエースに待望のゴールが生まれ、一気にポルトガルが勢い付くかと思われたが、ハンガリーはその5分後、2点目を挙げた時と同じ位置でFKを得る。
 
 再びジュジャークが蹴り、壁にはね返されたものの、自らこれを拾って中に切れ込んでシュートを放つと、ボールはゴール左隅に突き刺さり、三たび、ハンガリーがリードを奪った。
 
 またしても追い詰められたポルトガルだが、粘り強く攻め続け、62分、ショートコーナーからのクロスをC・ロナウドが頭で合わせてゴール。試合は壮絶な点取り合戦の様相を呈する。
 
 ハンガリーはカウンターからエレクがポストを叩く決定的なシュートを放ち、ポルトガルも効果的なパスワークからチャンスを創出。C・ロナウドは再三オフサイドをとられるものの、これまで以上に得点への欲求を示し、前線を疾走する。
 
 72分、右からのクロスにC・ロナウドが高くジャンプして頭で合わせるが、着地に失敗し、左足を痛めたかに見えたが、すぐに立ち上がってプレーを続行。75分には難しい浮き球のボールを反応良く右足ボレーで合わせるも、わずかにクロスバーを越えた。
 
 マリオがバイタルエリアで存在感を示し、交代出場のサンチェスやカレスマが相手DF陣を脅かし続けるポルトガルは、後半途中から完全に主導権を握り、再三ハンガリー・ゴールに迫るが、決定的なシュートを放つまでには至らない。
 
 90分、自ら倒されて得たゴール正面のFKをC・ロナウドが蹴るが枠を外れ、アディショナルタイムでも試合は動くことなく、終了の時を迎えた。
 
 ハンガリーは総勝点を5とし、堂々、首位でのグループステージ通過。一方、ポルトガルは、同時刻開催のアイスランドが土壇場で勝利を奪ったため、3位での決勝トーナメント進出が決まった。

【フォーメーション図】ハンガリー 3-3 ポルトガル

最終更新:6/23(木) 8:31

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。