ここから本文です

【スウェーデン 0-1 ベルギー|採点&寸評】MOMは決勝弾のナインゴラン! 代表引退のイブラヒモビッチは不完全燃焼

SOCCER DIGEST Web 6/23(木) 8:41配信

イブラヒモビッチが決めないと勝てない弱みをと露呈したスウェーデン。

【スウェーデン/チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5.5
イブラヒモビッチが決めないと勝てないチーム事情を露呈。前半はベルギーの圧力を封じながらイブラヒモビッチ、ベリ、フォシュベリ、ラーションが絡む多彩な仕掛けでベルギー守備陣を脅かしたが、ゴールにあと一歩足りないまま終盤に失点して敗れた。
 
監督 エリク・ハムレーン監督 5
強豪ベルギーを相手に入りは悪くなかったが、攻撃面で有効な手を打てないままスーパーゴールに沈む。
 
【スウェーデン/選手採点&寸評】
GK
1 アンドレアス・イサクソン 6.5
終盤まで何度も好セーブでチームを救うがナインゴランのスーパーショットには長いリーチも届かなかった。
 
DF
3 エリク・ヨハンソン 6
前半に警告を受けたが、球際で強度の高い守備を継続してイサクションと共に終盤までゴールを死守。
 
4 アンドレアス・グランクビスト 5.5
自陣ゴール前のポジショニングは的確だったが、ルカクに付きながら前を向かれるシーンが目立った。
 
5 マルティン・オルソン 6
27分に不用意なボールロストから危ないシーンを招くが、左から多くのチャンスを作るなど能力は示した。
 
14 ヴィクトル・リンデロフ 5.5
対面のアザールを止める役割は概ねこなしたが、終盤ゴール前の守備が多くなりサイドのスペース空ける
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

ラストマッチで決めきれなかったイブラヒモビッチ。

MF
6 エミル・フォシュベリ 6(82分OUT)
イブラヒモビッチの背後から効果的な仕掛けや飛び出しでチャンスに導くが、自らは相手の脅威となるような危険なフィニッシュに持ち込めず。
 
7 セバスティアン・ラーション 5.5(70分OUT)
前半は直接的にも、間接的にも多くのチャンスに顔を出し守備でも貢献したが、後半はトーンダウンしたまま交替。
 
8 アルビン・エクダル 6.5
驚異的なハードワークで攻守に幅広く絡む。33分の警告はあわやレッドカードものだったがベストは尽くしていた。
 
9 キム・シェルストレーム 6
守備はエクダルに頼る傾向も左足のキック力を駆使したプレーを披露。終盤に惜しいヘッドを放つなど、精力的に絡んだ。
 
FW
10 ズラタン・イブラヒモビッチ 6
力強く柔軟なボールキープから何度も脅威になったが決め切れず。代表ラストマッチとしては不完全燃焼か。
 
11 マルクス・ベリ 6(63分OUT)
4分の至近距離ボレーが決まっていれば……。イブラヒモビッチともうまく絡めていただけに早い時間の交替が残念だった。
 
交代出場
MF
20 ヨン・グイデッティ 5(63分IN)
豊富な運動量は目立ったが質が伴わず。「イブラヒモビッチの相棒」として点を取ることも取らせることもできなかった。
 
MF
21 ジミー・ドゥルマズ 4.5(70分IN) 
短い時間ながら攻撃で有効な起点になれず、守備ではアザールに決定的な突破をされアシストを許した。
 
MF
22 エルカン・ゼンギン -(82分IN)
82分にフォシュベリに代わり左サイドを担う。ドリブルで縦に切り崩す場面もあったが決め手を欠いた。
 
文:河治良幸
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 

1/2ページ

最終更新:6/23(木) 8:42

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。