ここから本文です

【U-16日本代表】宮代、久保ら逸材揃いのなかで森山監督を「逞しくなった」と唸らせたストライカー

SOCCER DIGEST Web 6/23(木) 18:55配信

所属チームでベンチ入りすら果たせていなかった選手が取り組んだこと。

「今回選ばれたFWの中で僕が一番下だと思っています。だからこそ、結果を残したかった」
 
 インターナショナルドリームカップの初戦のハンガリー戦。久しぶりの代表招集ながら、スタメン出場を果たしたFW棚橋尭士(横浜FMユース)は、気合いがみなぎっていた。
 
 とにかくゴールに飢えていた。というより、試合に飢えていた。プレミアリーグEASTに参戦する横浜FMユースでは、試合はおろかベンチ入りすら果たせていないからだ。
 
「悔しい気持ちはありますが、こういう時こそ自分がやるべきことを考えました。僕はボールを収めるのが得意じゃない。ゴール前でも自分が持ち込む力が足りなかった。だからこそ、マリノスでレギュラーを張る選手たちと試合をする時に、そこを意識して取り組んだ」
 
 他のライバルたちが1年生ながら所属チームで出番を掴み、久保建英や中村敬斗がゴールを奪うなど活躍を見せるなか、悔しさを覚えながらも、地道に自己研鑽に努めた。その結果、棚橋が奮起している様子は、U-16日本代表の森山佳郎監督の耳にも届いた。
 
「2月の合宿で呼んだ時はそこまで良くなかった。しばらく呼んでなかったけど、『最近良くなっている』という話を聞いた」と、今回のインターナショナルドリームカップに招集を決めた。
 
 ハンガリー戦で中村敬斗(三菱養和SCユース)と2トップを組んだ棚橋は、積極果敢な縦への仕掛けとプレスでチームを牽引した。2分にチームのファーストシュートを中村が放つと、棚橋の闘争本能にさらに火がつく。
 
 12分、中村が左サイドからドリブルでカットインを仕掛けると、「中に仕掛けて来ると思ったので、近寄らずDFが食いついてできたスペースを狙おうと思った」とプルアウェイの動きでスペースに潜り込み、そこへ中村からパスが届いた。
 
「相手の足が長いので、遠ざけるためにトラップを大きくして、GKとの間合いを作ってから、逆を狙った」と語ったように、あわてて飛び込んで来た相手DFをずらして、GKの位置を捉えると、空いていたニアサイド目掛けて、正確なシュートを蹴り込んだ。
このゴールを皮切りに、日本は19分に中村が追加点を突き刺し、23分には鮮やかな崩しからMF上月壮一郎(京都U-18)がヘッドで決めて、前半だけで3ゴールを奪い、優位に立った。
 
 

1/2ページ

最終更新:6/23(木) 18:55

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。