ここから本文です

ダニエル・ラドクリフ、トランプ初対面エピソードを回想:「ここまで強烈な自信家がいるなんて」

ローリングストーン日本版 6/23(木) 16:40配信

ダニエル・ラドクリフは米人気番組にて『ザ・トゥデイ・ショー』のバックステージで共和党大統領指名候補ドナルド・トランプに会った時のことを語った。



映画『ハリー・ポッター』シリーズの若きスターとして、ダニエル・ラドクリフは何度か奇妙な状況に投げ込まれたことがある。『ザ・トゥデイ・ショー』のインタビュー前に、バックステージでドナルド・トランプと遭遇した経験もその一つだ。

「あれは初めてニューヨークを訪れた時でした」とラドクリフは20日夜、セス・マイヤーズに話した。「11歳の時で、本当に緊張していて、TVの生放送の出演は初めてだったし怖がっていたんです。トランプ氏はその番組のゲストで、おそらく誰かが彼に"ハリー・ポッターを演じている子と会いませんか?"とか言ったんじゃないかな。…彼がどんな人なのかについて、ぼんやりとしか知らなかったんです」。

ラドクリフがこれから始まるインタビューについてとても緊張していると不動産王に話すと、トランプ氏はこう答えた。「トランプさんに会ったよ、と言うだけでいい」。ラドクリフは、「その日まで、ここまで強烈な自信家がいるなんて、想像もしていなかった」と言う。彼は、トランプ氏はこう思ってるんじゃないかと続けた。「俺のことならどんな奴にだって話題になるぜ」。

バラエティ誌によれば、彼はオフ・ブロードウェイ・プロダクションによるジェイムズ・グラハムの芝居『Privacy』での新しい役割について、数々の深夜番組で宣伝している。ラドクリフは、これまで『エクウス』や『ハウ・トゥ・サクシード』などいくつかのブロードウェイのショーに出演してきた。彼は、ザ・パブリック・シアターの舞台を飾る予定だ。

この芝居では、観客が作品に参加できるよう、携帯電話の電源を入れたまま観劇することが求められている。「ショーの多くの部分が、エドワード・スノーデン事件以降の世界のプライバシーの本質についてのことなんです」とラドクリフはマイヤーズに言う。「ソーシャル・メディアにも起きていることですね…観客の皆さんには観客として、そして一緒に演じてもらえるように、インタラクティブな場面をたくさん用意しています。ある場面で投票が行われて、上演中に電子メールをスタッフに送ることができます…うまく行けば、相当面白いことになりますよ」。

最新の世論調査では、47%のアメリカ人がバーベキューに招くならヒラリー・クリントンよりドナルド・トランプが良いと考えていることがわかった。

ダニエル・ラドクリフ出演した『ザ・トゥデイ・ショー』は以下。

ELIAS LEIGHT

最終更新:6/23(木) 16:40

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。