ここから本文です

今年のiPhoneは異例のマイナーチェンジに

JBpress 6/23(木) 6:10配信

 海外メディアがこのほど伝えた「iPhone」の将来モデルに関する最新の情報によると、米アップルが今年(2016年)の秋に発売すると見られているモデルは、その本体デザインに大幅な変更が施されない見通しだという。

■ 最大の変更点はヘッドホンジャック? 

 この話題を最初に伝えた米ウォールストリート・ジャーナルの6月21日付の記事によると、次期iPhoneのディスプレイサイズは、現行の「iPhone 6s」シリーズや前モデル「iPhone 6」シリーズと同じ4.7インチと5.5インチになるもよう。

 そしてその最大の変更点は、ヘッドホンジャックが廃止されること。

 iPhoneには充電や、パソコンとのデータ同期のための「Lightning」と呼ばれるコネクターがあるが、次期モデルではこれがヘッドホンジャックも兼ねることになる。これにより本体の厚さが薄くなり、防水性能が高まると、事情に詳しい関係者は話している。

 一方で本体のデザインが大きく変わるのは来年(2017年)発売のモデルからで、それには本体の端から端までを覆うOLED(有機EL)ディスプレイが採用される見通しという。

 また現行のiPhoneにはホームボタンに指紋認証センサーが搭載されているが、来年のモデルではこのセンサーがディスプレイに組み込まれる。これによりホームボタンは不要になり、廃止されると、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

■ iPhoneの「チック・タック周期」

 同紙はiPhoneの設計変更のパターンを、時計の振り子の動きになぞらえ「チック・タック周期」と表現している。

 アップルは「チック」の年にその本体デザインの大幅変更を行う。これはクルマに例えればフルモデルチェンジだ。そして、それに続く「タック」の年には、ソフトウエアやハードウエアに改良を施し、マイナーチェンジを行う。

 アップルは毎年この「チック」と「タック」を繰り返しており、パターンどおりであれば今年は「チック」となる。だがそうはならず今回は「タック」が続くのだという。

 どうしてこうした異例のパターンになるのかは不明だが、iPhoneは来年が発売10周年に当たるため、アップルがこれに照準を合わせて製品計画を立てているといった観測も流れている。

1/2ページ

最終更新:6/23(木) 6:10

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。