ここから本文です

山口蛍 半年で海外移籍挫折にサッカーファン唖然

R25 6/24(金) 7:01配信

昨年末、ドイツ1部のハノーファーに移籍した山口 蛍が、わずか半年で古巣のセレッソ大阪への復帰を発表し、サッカーファンから厳しい声が寄せられている。

山口はセレッソユースからセレッソに進み、ロンドン五輪では全試合出場を果たしてベスト4入りに大きく貢献。2014年のブラジルW杯では代表に選出され、3試合中2試合でスタメンに起用された。その後、所属するセレッソはJ2に降格し、昨季はJ1昇格を逃したが、山口は海外移籍を決断。しかし怪我によりハノーファーでの出場は6試合に終わり、6月19日にセレッソ復帰が正式に発表された。

そもそも山口が移籍したハノーファーは、元チームメイトの清武弘嗣と、ブラジルW杯で日本代表としてともに戦った酒井宏樹という2人の日本人が所属するチームだ(※清武は6月10日にスペイン1部のセビージャへの移籍が決定)。そんな恵まれた環境のチームを選びながら、わずか半年で復帰を決めたことを嘆くファンは多く、ツイッターには、

「山口蛍は何をしにドイツに行ったんだ?」
「遠足から帰って来るのか、この子は」
「山口蛍いくらなんでも帰ってくるの早すぎだろwww 5ヶ月ぐらいしかドイツにいなかったじゃんwww」
「まさかこんなに根性なしだとは思わなかった……」
「世界で戦える選手になると思ってた僕の目は節穴でした」

など、厳しい声が相次いで登場。

「国内で頑張ればよしと個人的には思う。挫折を知ってそれをバネとして欲しい」
「実力云々以前に、海外生活がどうにもダメだったんじゃなかろうか。セレッソサポーターが歓迎なら良いんじゃなかろうか」

と、理解を示す声は少数派だ。

そして、“山口帰国騒動”の余波は、山口と入れ替わりでドイツ・アウグスブルクへの移籍を決めた宇佐美貴史にも飛び火し、

「宇佐美、まじで山口蛍みたいには絶対なるなよ」
「山口蛍のせいで宇佐美のハードルが上がっちゃって…」
「ガンバの宇佐美はドイツに移籍決定か 山口蛍みたいに半年で帰ってくんなよ(笑)」

といったコメントが次々と登場している。ただし山口はまだ25歳と、これからいくらでも成長が期待できる年齢。過去の実績は充分ある選手だけに、いま一度の奮起を期待したいものだ。
(金子則男)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/24(金) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。