ここから本文です

こんな服装はやめて欲しい!男性の本音

R25 6/24(金) 7:01配信

女性はみなお洒落が大好き。でもばっちり決めたつもりなのに、そのファッションが男性からドン引きされていたら…。今回のセキララ★ゼクシィは、20~30代の男性に直撃。「女性にやめてほしい服装」について斬り込んでみました。男性に不評のファッションアイテムをたまたま身に着けていたら赤面してしまいそうな、ヒヤヒヤする結果を一緒に見ていきましょう。

■「女性にやめてほしいファッションがある」という男性は約7割!

多くの男性は女性のお洒落に疎い印象ですが、それでも約7割の男性には苦手なものがあるようです。男性に不評なファッションワースト3はこちらとなりました。

<男性に不評なファッションワースト3>
1位「黒と金などでまとめた、スカジャンなどのヤンキーっぽいファッション」(48%)
2位「デコラティブな裏原宿系、ショッキングピンクでまとめたようなファッション」(41%)
3位「フリルやレースがたくさんのロリータファッション」(39%)

この他には「破れたTシャツやデニムなど、バンドをやっている人のようなファッション」(30%)、「お団子頭に重ね着チュニックのエスニックファッション」(21%)と続きました。共通点は「個性的過ぎる」でしょうか。

■男性の多くはアニマル柄が嫌い?

次に具体的なファッションアイテムについても聞いてみました。最近よく見るはやりのアイテムにも意外なNGが。ワースト3はこちらです。

<男性に不評なファッションアイテムワースト3>
1位「ヒョウ柄などのアニマル柄」(46%)
2位「アラレちゃん眼鏡」(33%)
3位「柄ストッキング、タトゥータイツ」(24%)

アクセント小物としても女性に人気のアニマル柄には、約半数近くの男性からNGが出ました。顔が小さく見えてかわいいアラレちゃん眼鏡も男性にはイマイチな模様。柄ストッキングはセクシーな魅力がありそうですが意外にも不評でした。この他には「はやり過ぎたもの、最近だと、ガウチョパンツ、キャップなど」(29歳)、「一見して安っぽいと分かる服」(37歳)というコメントもありました。

■男性を攻略するには、個性的過ぎるファッションに要注意

調査結果を見ていると、お洒落ではやっていたとしても、個性的過ぎるものは男性に不評な傾向があるようです。となると女性らしいコンサバティブなファッションが無難ということになりますが、お洒落が好きな女性はそれだとちょっと物足りないですよね。男性の好みに合わせたファッションばかりでは、自分らしさが失われてしまいそうな気もします。お付き合いが長くなればファッションの好みもだんだん受け入れてもらえると思うので、それまでの注意点として捉えてみてはいかがでしょう。


【データ出典】
あなたご自身に関するアンケート 2016/3/24~3/26実施
(インターネットによる20~30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/24(金) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。