ここから本文です

「東京喰種」主演は窪田正孝に決定!『ビビッています』

Smartザテレビジョン 6/24(金) 6:01配信

実写化が決まった石田スイ原作の「東京喰種 トーキョーグール」映画版で、主演の金木研(カネキ)役が公開中の映画「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」など、出演作が相次ぐ日本映画界屈指の実力派若手俳優・窪田正孝に決定したことが分かった。

【写真を見る】「東京喰種」は累計1800万部の大人気コミックスが原作!

人間でありながらも、人間を食べることでしか生きることができない「喰種(グール)」に半分変化してしまったカネキの悲しみと運命を、窪田が妖しい魅力たっぷりに演じる。

また、物語を彩るヒロインの霧嶋董香(トーカ)役は、連続テレビ小説「まれ」(NHK総合ほか)や、「世界一難しい恋」(日本テレビ系)などでの存在感が光る演技と、バラエティー番組での屈託のない笑顔、魅力的なトークで人気を博す女優・清水富美加に決まった。

そんな、日本の演劇界で最も旬と言っても過言ではない二人が初共演するという豪華なキャスティングが実現し、奇跡の実写化を盛り上げる。

本作は'11年のコミック連載開始からその独特の魅力的な世界観に、10代、20代の男女を中心に熱狂的なファンを獲得し、'14年にアニメ化。'15年からは舞台化、ゲーム化されるなど、さまざまなメディア展開で人気を博す大ヒット作となった。

今回メガホンを取るのは、多数のTV-CMやミュージックビデオ、ショートフィルムを監督し、海外で数々の賞を受賞している萩原健太郎。独自の“人間を描く”演出と“美しい映像世界”に定評があり、彼が息を吹き込む「東京喰種」に注目が集まる。

また、未定だった公開時期も来年夏に決定。日本映画界に歴史を残す超大作を、1年間首を長くして待とう。

主演の窪田は「初めて原作を読ませていただいたとき物語に吸い込まれるように、のめり込むように次へ次へとページをめくっていました。たくさんの原作ファンの方の意見、思いがあると強く受け止めています。石田スイ先生のメッセージも読ませていただきました。ありがた過ぎるお言葉に気持ちが救われました。ただ実際は自分もビビっているのが本音です。

先生をはじめ、ファンの方の大切な大切な東京喰種という作品。誠に微力でありますが金木研くんという大役に寄り添い、深く大事に演じさせていただきたく思います。

いち原作ファンとして。石田先生、原作ファンの方、東京喰種の名に恥じないよう現場でスタッフキャストの皆さんと精いっぱい作り上げて行きたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします」と、“大役”への意気込みを語った。

一方、ヒロインの清水は「私と霧嶋董香ちゃんは、真逆のタイプだと思います。自分は平和にぬくぬく生きてきたなぁとも思います。生まれてから大した地獄を知らなければ、見たこともないです。故に、どういったものをどのように、どのくらい削ぎ落とさなくてはいけないのか、どのくらい自分を追い込まなくてはいけないかということが、計り知れないことは分かります。

声をかけてくださった方々に後悔をさせたくない、という思いと、役を頂いた以上、物語の持つテーマを感じ取っていただけるように、いや、そのテーマが何かも今は分からないのですが、詰めて詰めて、撮影が終わったら死んでもいいくらいの気持ちで真摯(しんし)に作品に望んでいきたいと思っております」と、感想を明かした。

そして、原作者の石田はあらためて実写化について「もちろん不安はあります。映画の製作側の方々が本当に根気良く、原作者である自分の意見を聞いてくださっていて、自身の不安は少しずつですが取り除かれました。ものをつくる環境としては、とても健全な場所だなと感じておりますし、本来そうあるべきだと思います。

しかし、それによって映画が良くなるのかは分かりませんし、結局駄目になっちゃうかもしれません。ただ、個人的な望みを申し上げれば『健全な環境でつくればちゃんといいものができるんだ』ということを、監督の萩原健太郎さんには、証明していただければいいな、と願っております」と、期待を込めた。

主演の窪田については「作業をしているときに一瞬だけ、映画のCMが目に入って、窪田さんは涙を流す演技をされていたのですが、その数秒でもう『この人すごい』と衝撃を受けたのを覚えております。演技の素晴らしさはもちろん『カネキが実際にこの世界にいたらこういう感じ』というキャラのイメージぴったりのお姿で。『東京喰種』の連載が始まって、本当にすぐの出来事だったので、窪田さんの存在はそれからずっと気になっており、テレビや映画などで拝見するたびに、活躍をうれしく思っておりました。

窪田さんのすごさは、皆さんにもすでにバレつつあるとは思うのですが、自分の作品を踏み台にして、さらに『窪田正孝すごい』ということを知っていただけると、映画化はうまくいったと言ってもいいのではないかなと、個人的には思っております」と、太鼓判を押した。

最終更新:6/24(金) 6:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。