ここから本文です

PTA仕事も合理化しすぎなエリートママ

R25 6/24(金) 7:01配信

PTA仕事も合理化しすぎなエリートママ

写真:R25 PTA仕事も合理化しすぎなエリートママ より

高学歴で専門職についていたり、一流企業に勤めていたりするママは、幼稚園や小学校のPTA仕事をしてもやっぱり効率が良いもの。

でも、そこに問題が生じることも多いと言うのは、ママ向けの子育て講座などを開催しているファインコーチングの山崎洋実さん。

「高学歴ママやキャリアママは、時間にいつも追われているので、仕事が早い人が多いですよね。でも、なんでも『効率重視』になりすぎる傾向があるのです」(山崎さん 以下同)

例えば、PTAでボランティアとして、みんなで暑い中グダグダやるのが恒例だった草取りやイベントなども「親がやることじゃない」「PTAの負担を減らそう」と、バッサリ切ってしまうというのはよくあるそう。

「夏休みのラジオ体操やプールなども、昔は毎日行われていたものですが、今は当番をするお母さんたちが大変だという理由で、一部の日しかやらないことが増えています。仕事をしているお母さんが多いので、確かに負担は大きいですが、どんどん季節の風物詩がなくなり、味気なくなっている面もあるのです」

●プロが良かれと思ってやることが迷惑になることも
一方、保育園や小学校のママには、専門職の人も意外といるもので、プロの仕事を保育園や小学校のために良かれと思って持ち込んでくる人もけっこういるそう。

例えば、テレビ局に勤めるお母さんが、保育園のアルバム作りの際に「映像の仕事は任せて」と言ってくれるケースでは、こんなトラブルが。

「プロの方にはこだわりがあるので、妥協できず、『全員この日に集まって』などと言うんですが、みんな仕事をしているわけですから、調整が難しく、正直無理ですよね? すると、全員がそろうまで何度も集まることになって…。気持ちはありがたいですけど、そこまでのクオリティは正直みんな求めていないですし、結局、親子でヘトヘトになったそうです」

同様に、広告・出版・印刷業界のお母さんがPTAの広報担当になり、クオリティが上がりすぎて、普通のお母さんが参加しにくくなるということもあるよう。

誰しも子どものために良かれと思って厚意でやっていることだし、効率化によって助かると感じてくれる人も多数いる。だが、その一方で、ありがた迷惑と感じる人もいるのだ。

善意がどんな場面でも良いとは限らない。行き過ぎにならないよう、また、PTAを仕事にしすぎないよう、エリートママは注意したいものだ。
(田幸和歌子+ノオト)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/24(金) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場