ここから本文です

滝藤賢一「やっとこの日が来たか」映画声優に初挑戦!

Smartザテレビジョン 6/24(金) 6:02配信

製作ティム・バートン×主演ジョニー・デップのタッグで7月1日(金)に全国公開される映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」にて、個性派俳優・滝藤賢一が新キャラクターである時間の番人“タイム”の日本語版声優に決定した。滝藤にとってはこれが映画声優初挑戦となる。

【写真を見る】果たして彼は味方なのか、敵なのか!?

今回滝藤演じる時間の番人“タイム”は、劇中で誰もが敵に回したくはないと恐れられている人物。無限の空間にそびえる永遠の城にすむ“時間”の化身で、万物にパワーをもたらす万物の大時計を守り続けており、その大時計とシンクロする時計仕掛けの心臓を持つ、半身人間、半身機械という摩訶不思議な存在だ。

おどろおどろしい姿とは裏腹に、ものすごい自信家で間抜けという愛嬌(あいきょう)のある一面も持ち、人間味がある雰囲気がとても魅力的で今までにいなかったキャラクターだ。

滝藤は今回、映画声優初挑戦となるが「ついにハリウッドデビューか! とうれしかったです。やっとこの日が来たかって(笑)」と声優が決まった時の喜びを語った。アフレコについては「声だけで表現することは難しく、大変でした」と普段と異なる“声”の演技に苦労した様子。

また、「ジョニー・デップやヘレナ・ボナム=カーターと共演している気持ちにさせていただけるすてきな現場だったと思います。勘違いしてしまいそうでした(笑)」と冗談交じりに答え、アフレコに苦戦しながらも楽しんで挑戦したことを明かした。

これまでさまざまな役柄を演じてきた実力派俳優の滝藤が圧倒的な“声”の演技力で愛嬌たっぷりなタイムを演じ切る姿、その声を聞いた瞬間、時間の魔法にかかったような錯覚に陥りそうだ。

また、本作では先日続投が発表されたばかりの白の女王役・深田恭子をはじめ、マッドハッタ―役に平田広明、アリス役に安藤瞳、赤の女王役に朴ろ美と、豪華声優陣が勢ぞろいし作品を華やかに彩る。

最終更新:6/24(金) 6:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。