ここから本文です

終了間近!あの「食べ比べ亭」が今年も人気

東京ウォーカー 6/24(金) 7:30配信

ご飯を炊く過程で釜の中で対流が起こると米がおどり、お米一粒一粒にしっかり熱が伝わるため、お米本来のポテンシャルを引き出しおいしく炊き上がるのをご存知だろうか。パナソニックの炊飯器「Wおどり炊き」で炊いたご飯の”食べ比べ”体験ができるのが、「食べ比べ亭」。これは、お米がおどる炊飯器(最新機種)と、おどらない炊飯器(従来機種)で炊いたご飯の食べ比べを期間限定で実店舗で体験できるもの。昨年は銀座の米料亭「八代目儀兵衛」と連携。お店の前には毎日行列ができる人気ぶりだった。

【写真を見る】まずは「おどったご飯」と「おどらないご飯」を食べ比べ

そして今年は「京つけものの老舗 西利」とコラボ、コレド室町店で6月26日まで開催中だ。

ここでランチメニューを注文すると「おどる炊飯器」で炊いたご飯と「おどらない炊飯器」で炊いたご飯の食べ比べ体験が楽しめる。期間限定「食べ比べ亭オリジナルメニュー」も提供中で、西利の漬物と、漬物をベースに作られたお惣菜全9種、お味噌汁を味わうことができる。同じお米とは思えないほどの味や食感、見た目の違いに驚き、おいしい漬物とのバランスにも驚くはずだ。

関東に続いて今年は関西にも「食べ比べ亭」は出店され、日本三大祭「京都祇園祭」真っ最中の7月に京都へ。西利祇園店でも「食べ比べ亭」を開催。ぜひ足を運んでみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/24(金) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革