ここから本文です

誰もが知る騒動の“その後”を番組が徹底追跡!

Smartザテレビジョン 6/24(金) 8:04配信

6月26日(日)に日本テレビ(昼1:15-2:15)で放送する「衝撃ニュース 追跡リサーチ 調べてみたら驚いた!」。局内にある膨大な映像の中から、日本中を驚かせた10本を取り上げ、“気になるその後”に迫る。

【写真を見る】人間のように立つと話題になったレッサーパンダの風太の現在に迫る

'00年、当時17歳の高校生が起こした「西鉄バスジャック事件」や'14年、韓国で起きた「ナッツリターン騒動」といった誰もが知る事件のその後や、通称“アーカイビスト”と呼ばれる映像検索のプロたちが選んだ映像からは、「新宿ジゴロ」といわれ一晩で500万稼いだという伝説のホストの男性を取り上げ、番組ディレクターが現在の男性の様子に迫る。

同番組を企画・制作した日本テレビの武澤忠ディレクターは、現在、人気バラエティー「ザ!世界仰天ニュース」(毎週水曜夜9:00-9:54)の演出を手掛けているが、以前は情報番組「DON!」('10年3月~'11年3月)で、総合演出を担当していた。

また、東日本大震災で被災した実母・順子さんの姿を追ったシリーズをこれまでに6回放送し、武澤氏と順子さんの共著「生きてやろうじゃないの!母と息子の震災日記」を出版するなど、多岐にわたって活躍するディレクターだ。

そんな武澤氏が手掛ける特番を聞きつけた本誌記者が取材を敢行! 番組に懸ける思いや見どころを聞いた。

――この番組を作ろうと思ったきっかけは何ですか?

テレビ局には膨大な映像という財産があり、今では撮れないような“お宝映像”もたくさんあります。以前「DON!」では、「きょうは何の日」というコーナーで、語り継ぐべき事件なり騒動なり、ブームというものを紹介していたので、またそういった番組を作りたいと思い、「きょうは何の日」チームのメンバーで作りました。

――今回、10本の映像と“気になるその後”が見られるということですが、注目ポイントをお聞かせください。

当時は気付かなかったことや見過ごしていたことでも、あらためて映像を見ることによって、いろんな発見があります。僕自身もあらためて「映像の力ってすごい」と思わされました。そして、過去の映像から、今につながる何か、ヒントが必ずあります。騒動を知らない世代にも分かりやすく解説し、知っている世代には、“気になるその後”を知ることができる番組だと思うので、ぜひご覧ください。

最終更新:6/24(金) 13:53

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。