ここから本文です

世良公則の「宿無し」が伊原剛志主演ドラマの主題歌に

Smartザテレビジョン 6/24(金) 9:03配信

7月22日(金)よりテレビ東京系にてスタートする伊原剛志主演「金曜8時のドラマ『ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~』」(毎週金曜夜8:00-8:54)の主題歌が、世良公則の「宿無し」に決定した。

【写真を見る】ヤッさん(伊原剛志)とタカオ(柄本佑)が食業界にはびこる悪を成敗していく痛快人情ドラマ!

本番組は、宿無し無一文でありながら“食の天才”ヤッさん(伊原)が、ひょんなことから出会った宿無しの青年・タカオ(柄本佑)と共に、食を冒涜(ぼうとく)するハイエナたちを成敗していく痛快人情劇だ。

世良は、'87年に発売された「Heart Is Gold」が「ベイシティ刑事」('87年10月~'88年3月テレビ朝日系)の主題歌になって以来、29年ぶりの連続ドラマの主題歌を担当する。

伊原演じる主人公のヤッさんが“宿無し”の役設定ということもあり、稲田秀樹プロデューサーの熱烈なラブコールにより実現。'78年のリリース以来、約40年の時を経て「宿無し」が、テレビ東京の連続ドラマの主題歌として作品を盛り上げる。

世良は「稲田秀樹プロデューサーよりオファーをいただき快諾しました。疲れた週末の夜に欠かせない、一服の清涼剤のようなサプリのようなドラマとのことで『宿無し』がさらにドラマを盛り上げる一役になってくれるのであれば光栄ですし、僕も楽しみにしています」と喜びを語った。

また、稲田プロデューサーは「世良公則さんといえば、やや下の世代になる私にとっては、まさに超がつくほどのスーパースターでした。同級生の女子たちはほぼ100%と言っていいほどツイストのファンで、正直、男子はみんな嫉妬していたと思います(笑)。

今回、食の天才ホームレスの物語を作るに当たり、真っ先に思い浮かんだ曲が『宿無し』でした。決して、しゃれで考えたわけではありません。歌詞に描かれた、どうしようもなく情けないけど優しい男像やその強い生きざまが、ヤッさんに重なったのです。そんな作り手の純粋な思いを快く受け止めてくださった世良さんの心の広さ、かっこよさには深く感謝しています。と同時に、再び嫉妬しています!」と笑顔でコメントした。

最終更新:6/24(金) 9:03

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。