ここから本文です

ヤッホーの“ドラフト”クラフトビールを屋外で堪能!

東京ウォーカー 6/24(金) 17:45配信

アークヒルズ(東京都港区)のアーク・カラヤン広場では、ヤッホーブルーイングのクラフトビールがすべてドラフトで飲めるビアガーデン「YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills」を、9月4日(日)まで開催している。

【写真を見る】海鮮串がドーンと乗り、ボリューム満点!「BBQプレート」(3500円)

今年で4回目を迎える同ビアガーデン。ビールのラインアップは全6種類を用意し、「よなよなエール」や「水曜日のネコ」「インドの青鬼」(各700円)など人気の銘柄はもちろんのこと、今回のために醸造された限定ビール「ARK Hills Ale」(700円)も登場する。

限定ビールは2年目以降、毎年販売されているが、少しずつブラッシュアップしているとのこと。今年の「ARK Hills Ale」は、ホップの苦味を残しつつ、アルコール度数を下げた“セッションIPA”と呼ばれるビアスタイルが特徴だ。

ヤッホーブルーイングの松田元さんは「近隣でお勤めの方に向けて、炎天下にゴクゴクと飲んでもらえるようなビールを目指しました。アルコール度数は4.5%と低めですが、味はしっかりしています」と話す。グレープフルーツなど、柑橘系の香りが立つ爽やかな風味に仕上げているそうだ。

フードメニューは、バーベキュースタイルのグリル料理がラインアップ。中でも注目なのは、5種類の味がそろう「オリジナルソーセージ(プレーン、カレー、大葉山椒、パクチー、柚子胡椒)」(1本650円)だ。記者はカレー味を試食してみたが、喉にピリピリと刺激を感じるスパイシーな味わいで、とにかくビールが進む!皮がパリッと弾け、中から肉汁があふれ出す、ジューシーなおいしさを楽しめる。

なお、大人数でシェアするのに最適な「BBQプレート」(3500円)も提供。ソーセージやローストチキン、海鮮串、ローストポークなどがセットになっている。もう少し手軽なものを選びたい時は、ソーセージと枝豆、プロシュート、フライドポテトを盛り合わせた「YONA YONA セット」(2500円)がおすすめだ。

ちなみに同店の枝豆は、茹でる際にビールを使用しているそう。意識して食べてみると、ほのかに麦の香りが感じられるので、この機会に試してみてはいかが?ヤッホーブルーイングの“ドラフト”クラフトビールとこだわりのフードで、至福のひと時を過ごそう!【東京ウォーカー】

最終更新:6/27(月) 16:39

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016