ここから本文です

押切もえ、常識クイズ対決で“マル秘ポーズ”を披露?

Smartザテレビジョン 6/24(金) 19:36配信

6月27日(月)夜7時から放送される「ネプリーグSP」(フジテレビ系)では、大宮エリー、八田亜矢子、三輪記子ら“東大チーム”、押切もえ、はあちゅう、やすみりえら“作家チーム”、川田裕美、神田愛花ら“フリーアナウンサーチーム”が3つどもえで対決する。

【写真を見る】押切は「断トツの力を見せつける!」と余裕の表情とここでも自慢のポージングで挑む

1stステージ「ハイパーイングリッシュブレインタワー」では、“フリーアナウンサーチーム”の川田が、初出場で、「直撃LIVE グッディ!」(毎週月~金昼1:45-3:50フジテレビ系)でお天気キャスターを務めている寺川奈津美に、「平常心でやらんかい!」と早速、関西弁で喝を入れ、チームを鼓舞する。

また、長野美郷は「初対面ですが、川田さんだけには怒られないように頑張ろう」と思っていると明かすと、川田は「神田さんに比べたらマシですよ」と反論し、“フリーアナウンサーチーム”の“内紛”が勃発した。

2ndステージは、「ハイパーリーグ」。“東大チーム”の挑戦では林修がミスをしてしまい、八田に“ガチギレ”!?されてしまい、反省の念を込め、川柳作家のやすみにならい、「ハイパーで 足引っ張ると あとひびく」と一句詠むが、チームメートとは和解できるのか?

3rdステージは「林先生の漢字テストツアーズ」。普段から文字と向き合う“作家チーム”は、「漢字は友達!」と豪語。1番手、押切は連続正解で、余裕の表れか、カメラに向かって友人モデルの“マル秘ポーズ”を披露する。

4thステージは、「ピンポンフラッシュ」。一目見れば誰でも分かる問題に早押しで解答するゲームだが、一番の注目は、生放送の司会で鍛え上げられた瞬発力を持つ、“フリーアナウンサーチーム”の川田。「やったりますよ、ここから!」と気合十分の様子。個性派ぞろいの“作家チーム”をここまでけん引してきた押切は、「ダントツの力を見せつける」と余裕の表情とここでも自慢のポージングで挑む。

5thステージは「ハイパーボンバー」。極限のプレッシャーに打ち勝ち、ボーナスステージ進出を決めるのはどのチームなのか? そして、“芸能界常識クイーン”の座を手にするのは?

最終更新:6/24(金) 19:36

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。