ここから本文です

ウワサの“魔法の積み木” ディズニー「KIDEA」って?

東京ウォーカー 6/24(金) 20:00配信

子どものいるママたちの間で、“魔法のつみき”と呼ばれているおもちゃがあるという。

それが、「Disney KIDEA」シリーズ。バンダイと東京学芸大学とのコラボレーションによって生まれた、ディズニーキャラクターの木製玩具だ。

【写真を見る】「おかえり」「ただいま!」。ファミリーに見立てておままごと。「Disney KIDEA & BLOCK」<ミッキー&フレンズ>

“KIDEA”とは、KI(木)、IDEA(発想・考える)、KID(子ども)を合わせた造語。並べたり、重ねたりする積み木遊びや、ディズニーの仲間たちとのごっこ遊びなどを通して、子どもの発想や考える力を育むという。

今年3月に発売されるやいなや、子どもの想像力を引き出す「魔法のつみき」として評判を呼び、大ヒットを記録。さらにビジュアルのかわいさが口コミで広がり、コレクションしたり、インテリアとして部屋に飾って楽しむ20~30代の女性が続出。発売からたった10週間で、10万個もの販売数を記録したというから驚きだ。

今後も、続々と新商品が発売予定。まずは7月に、大人気キャラクターのニモとドリー、アリス、チェシャ猫が仲間入りするのでお楽しみに。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/25(土) 13:54

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。