ここから本文です

“田中くん”最新十一話まで一挙プレーバック!!

Smartザテレビジョン 6/24(金) 20:16配信

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「田中くんはいつもけだるげ」(毎週土曜夜10:00-10:30ほか)が6月25日(土)の放送で最終話を迎える。

【写真を見る】第一話『田中くんと太田くん』では、とある高校の中庭で居眠りをしていた田中が、クラスメートの太田に拾われ教室まで運ばれる

これまで見たことがない人も、毎週欠かさず見てきた人も楽しめるように、初回から第十一話までのあらすじを紹介する。

【第一話『田中くんと太田くん』/4月9日放送】

とある高校の中庭で居眠りをしていた田中は、クラスメートの太田に拾われ教室まで運ばれる。机に着いても眠り続ける田中だったが、長時間ダラダラ過ごしても傷めない体になるため進んで体育に出ると言いだす。

【第二話『弟子入り志願』/4月16日放送】

今日一日平和に過ごせるようにと神社でお願いした田中は、早々にクラスメートの女子・宮野から弟子入りを志願される。新しい展開を求めていない田中はやんわりと断るが、宮野には全く通じず“1日だけ”という条件付きでOKしてしまう。

【第三話『ギャップ少女越前さん』/4月23日放送】

昼食を終えてまったりとした時間の中、太田は朝、田中の下駄箱に気合の入った果たし状が入れられていたのを思い出す。だが、田中は果たし状自体なかったことにしていた。

【第四話『白石さんの秘密』/4月30日放送】

田中を抱え慌てて登校した太田は、クラス委員長の白石にぶつかりそうになる。そこで、田中と太田は白石が落とした資料の作り直しを手伝うことに。手伝いの最中、白石の人となりに触れた田中と太田。成績優秀、美人で人当たりもいい、生徒の憧れの存在である白石だが、彼女には誰にも言えない秘密があった。

【第五話『田中くんの日常』/5月7日放送】

妹に頼まれた買い物を忘れてしまった田中は、「何を買おうとしていたのかを一緒に思い出してほしい」と、太田に相談。スーパーを歩き回り消去法で絞り込んでいくが、田中はなかなか思い出せない。

【第六話『風邪ひき田中くん』/5月14日放送】

雨の日にできるだけ傘を使わずに済まそうとした田中は、びしょぬれになって風邪をひく。喉を痛めた田中は、隣のクラスの越前に教科書を借りようと筆談で話し掛け、越前にある誤解を与えてしまう。

【第七話『田中くんのバレンタイン』/5月21日放送】

バレンタインデーの日、田中のカバンにはいかにも本命といったチョコレートが入っていた。お返しやお礼を考えるだけで絶望的な気分になる田中だったが、「いつもあなたを見ています」と添えられたカードを見つけ、田中と太田は贈り主を推理し始める。

【第八話『太田くんの受難』/5月28日放送】

学校を休んだ太田にプリントを届けることになった田中は、いつも抱えて運ばれていたせいで家の場所を覚えておらず、隣に住む越前と一緒に太田の家に行くことに。翌日、全治一週間のけがをして登校してきた太田を、自分が世話をすると、田中が言いだす。

【第九話『ワックへ、ようこそ』/6月4日放送】

ファストフードのテキパキとした雰囲気が苦手な田中は、太田に付き合ってワクドナルドを訪れる。予想に反して接客は親切で、のんびり過ごしても怒られない快適さを田中は気に入る。だが、店員はすごくダルそうな田中と人相が悪い太田に恐怖を感じていた。

【第十話『田中くんの夏』/6月11日放送】

市民プールを訪れた田中は準備運動で筋肉がつり、太田に心配される。さらに、泳げない田中は乗っていた浮き輪を子供たちにイタズラされ、破られてしまう。数日後、田中は宮野から花火大会で大人物の浴衣を着たいと相談され、白石らとデパートの呉服店に行くことになる。

【第十一話『田中くんの文化祭』/6月18日放送】

文化祭のクラスの出し物でお化け屋敷をやることに決まり、面倒くさそうな作業を避け続けていた田中だが、それが仇となりお化け屋敷の主役ともいえるお化け役をすることに。その後、みんなが工夫を凝らしたお化け屋敷は本格的なものに仕上がる。

なお最終話となる第十二話『田中くんのしあわせ』は、TOKYO MXより6月25日(土)夜10時から順次オンエアとなる。

最終更新:6/24(金) 20:16

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。