ここから本文です

NEWS・小山「この24時間テレビに懸けてます」

Smartザテレビジョン 6/24(金) 22:46配信

日本テレビ系の恒例夏特番、8月27日(土)から28日(日)に放送される「24時間テレビ39 愛は地球を救う」の制作発表が行われ、メインパーソナリティーのNEWS(小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也)、チャリティーパーソナリティーの波瑠、スペシャルサポーターに決定した今田耕司と、番組パーソナリティーに決定したオリエンタルラジオと高畑裕太らが登場した。

【写真を見る】番組パーソナリティーに決まった(写真左から)オリエンタルラジオ、高畑裕太は「よろしくおねがいしまぁす!」とチャラいポーズ

ことしのテーマは“愛 ~これが私の生きる道~”。愛に支えられ、強く前向きに生きる人々にスポットを当てる。

会見では、番組当日、NEWS4人が会場となる武道館で挑戦する「よさこい大パフォーマンス」企画が発表された。7年前の「24時間テレビ」出演をきっかけに手話の勉強を続けているという小山が企画のリーダーを担い、加藤と手越が盲学校、小山と増田がろう学校の学生たちをサポートしながら総勢100人でのパフォーマンスを行う。

また、「24時間テレビ」の新企画で、合唱の高校ナンバーワンを決める「全国高等学校合唱選手権」を開催。その大会委員長を、つんく♂が務めることが発表。

さらに、ドラマスペシャルは、加藤シゲアキが主演の「盲目のヨシノリ先生 ~光を失って心が見えた~」に決定。盲目となり、光と生きる希望を失った教師が、周りの人たちの愛によって絶望の淵から立ち上がっていく姿を描く。加藤は、全盲の教師・新井淑則(あらいよしのり)を、その妻・新井真弓を沢尻エリカが演じる。

【小山慶一郎コメント】

僕たちは13年前に9人でデビューしまして、結成から3年でメンバーが6人になりました。そこではグループ活動ができないという事態になっていました。

7年前には、6人で「24時間テレビ」のパーソナリティーをやらせていただきましたが、さらに二人抜けることとなり、4人になりました。そこから活動していく中で、グループの存続の危機というのも4人で乗り越えてきました。今まで当たり前にできていたことが、できなくなったわけです。

でも、僕たち4人はお互い手を取り合って、信じて、「とにかく前に進んでいこう、どうにか4人のNEWSを成立させよう」と必死に前に進んできたことが、今まで生きてきた道になっています。そして、そこで生まれた4人の絆も、愛だと思っています。

なので、今回「24時間テレビ」のメインパーソナリティーに選んでいただけたときに「皆さんの中にNEWSというグループが存在しているんだ」ということに対して、すごくうれしく思いましたし、同時に安心しました。僕ら4人でこのメインパーソナリティーを務めさせていただくのは特別な思いであり、同時に僕たちもこの番組に懸けています。この4人のNEWSが、皆さんの中に少しでも浸透していければなと思っています。

【手越祐也コメント】

小山さんが言ったように、僕らは決して順風満帆にこられたわけじゃなくて、6人の時にメンバー2人が抜けるということを聞いて、正直、“NEWS解散”という思いが、僕自身にありました。「自分がどう輝いていこう、個で頑張るしかないかな」と思っていたんですけど、「今のNEWSを残して頑張っていこう」と思えるきっかけを作ってくれたのは、ファンの方が「NEWSを残してくれてありがとう。これからもついていきます」と、すごくたくさん声をかけてくださったことです。

こんなに僕らのことを考えてくれる方がたくさんいるのに“解散”という形で裏切るのはちょっと違うなって思わせてくれたのが、ファンの人の愛でした。

障がいのある方って、もちろん悩みを抱えているとは思うんですけど、それを乗り越えたすごくポジティブな方が多いと思います。そういう方々と触れ合うことによって、僕はすごくポジティブな性格なんですが、もっと前向きになれそうです。8月27日、28日で自分自身もいろいろなことを考えながら、得たものを発信していけたらなと思いますので、必死に24時間完走していきたいと思います。

【増田貴久コメント】

今回、この「24時間テレビ」をやらせていただけるということを聞いて、メンバーみんなでガッツポーズをして、ハイタッチをして喜んだんですね。今までそんなふうに4人で喜んだことって、なかったかなと思います。「24時間テレビ」に向けて4人の絆も深まりましたし、向かっている方向も1カ所に絞られているなと思っています。

本当にみんな言ってますけど、存続の危機があった中で4人が「どうしたらいいんだろう」って考えて進んできた道があります。その中で、4人のNEWSに任せていただけるということ、独り立ちができるようになったことが少しずつ出てきて…。今までで一番、NEWSが期待していただけている時期なのかなって思います。

スタッフさんに言われた言葉なんですけど「期待に応えるんじゃなくて期待を超えていけるように」しっかりと頑張っていきたいです。

【加藤シゲアキコメント】

4人になったとき、「24時間テレビ」がもう一度できるとは思っていませんでした。ただ、どこかでそう思っていながらも、いつかかなうといいなと遠い夢だったんですが、こんなにも早くかなえてもらってうれしい限りです。いろんなことがありましたけど、7年前一度やらせていただいた時は、正直なところ『「24時間テレビ」をやる』ということの意味が、もしかしたらよく分かっていなかったんじゃないかと振り返って思います。

小山が言ったように、当たり前のことが当たり前じゃなくなった僕らだからこそ、あらためてこの「24時間テレビ」のすごさに気付かされたなと思っています。僕たちがここまでやってこれたのは、いろんな方の支えと愛だったなと感じています。

未熟な僕らの背中を押してくれたことに対し、本当に感謝でしかないですし、今度はその愛を返す番だなと思いながらも、同時にたくさんの愛を学んでいけたらいいなと思います。NEWSにしかできない愛を日本中に、たくさんの方に届けたいと思います。

【波瑠コメント】

正直、ものすごい大役をいただいて、とても緊張していますし、不安なところもあるんですけれども、すごく貴重な経験をさせていただけると思うので、私たちや見てくださる皆さんが愛というものを見詰め直すきっかけを肌で感じられればなと思います。

小山さんとは以前舞台でご一緒させていただいたんですが、加藤さん、増田さん、手越さんとは今回初めましてなのでそれもとても楽しみです。頼もしいお兄ちゃんがいるような感覚で、ついて行きたいと思います。

最終更新:6/24(金) 22:46

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集