ここから本文です

神聖なスポーツをエロ目的で見るのは悪か!? 一番エロいのは当然ビーチバレー? おっぱい人気で大会数増の実績も!

サイゾー 6/24(金) 15:00配信 (有料記事)

――いよいよ8月5日に開幕が迫ったリオデジャネイロオリンピック。当然、出場選手たちに注目が集まる中、ついつい目が行ってしまうのが、一部女性アスリートたちの、露出度の高い、悩ましいユニフォームだ。そこで、ここでは、そんな彼女たちのユニフォームを通し、エロ観戦者たちの功罪に迫っていきたい。

 おっぱいの上に燦然と輝く「財宝」の文字。これは、2013年に全日本女子バレーボールのスポンサーとなった健康食品会社「財宝」のロゴだが、彼女たちのユニフォームのちょうど胸の位置に入ったことで話題となった。あれから3年たった今でも、先日リオデジャネイロオリンピック出場を決めた全日本女子バレーのエース、木村沙織の豊満なおっぱいの上に財宝の文字が載った画像が「まさに財宝」と、ネット上では定期的にネタになっている。もはやオリンピック開幕間近云々にかかわらず、こういったネタ画像はもちろんのこと、週刊誌やウェブ媒体で美人アスリート特集が頻繁に組まれたり、エロ目線で女性アスリートを取り上げる媒体を目にする機会は増えるばかりだ。

 しかし、真剣勝負の世界にエロ目線を持ち込むのは、スポーツへの冒涜ではないか……!

 そんな想いから、筆者は今回、エロ目線でスポーツ観戦する不逞の輩を糾弾するべく、現場で取材をするメディア関係者にその内実を聞くことにした。本文:10,554文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/24(金) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。