ここから本文です

奇跡のコラボレーション!?「酢タマネギ」の効果は本当にスゴいらしい

OurAge 6/24(金) 10:22配信

巷でうわさの健康食は多々あれど、どのぐらい効果があるのか? 日本内科学会認定医、日本アレルギー学会などの専門医、周東 寛さんがすすめる「酢タマネギ」の魅力に迫った。

「酢タマネギは、酢と玉ねぎというふたつの健康食材を合わせることで、相乗効果が格段にアップする健康食。私のクリニックでも、実際に患者さんに食べてもらって効果測定をしました。酢タマネギ以外は通常の治療で、食事に酢タマネギをプラスしただけの臨床試験です。結果は私の想像以上。血糖値や高血圧に、特に大きな改善が見られました。動悸やイライラが改善し、血糖値に問題がある患者さんの9割が改善するという驚きの結果でした」と周東さん。

玉ねぎは「血液サラサラ効果」で有名だ。その玉ねぎと酢とはちみつ、塩を少し合わせただけなのに、どうしてそこまでパワフルな健康食になるのだろう!? 

「玉ねぎは、硫化アリルという成分により血液サラサラ効果があり、血栓予防や血管を広げる効果があります。ケルセチンやグルタチオンという成分は、強力な抗酸化作用で血管をしなやかにします。血液や血管改善のための野菜と言っても過言ではありません」

一方、酢も血液サラサラ効果があり、疲労回復にもよい。しかし、酢は体を冷やす「陰」の食材で、カルシウムを溶かしてしまうこともある。それが「陽」の食材である玉ねぎと合わせることでマイナス面がなくなって、食べやすくなる。「お互いのよい面が体内で働くという、奇跡的な組み合わせ」なのだ。

「私は20年、毎朝食べていますが、頭皮の抜け毛がなく、筋力もつきます。血液循環がよくなるんですね」

「なんとなく不調が続く」「面倒くさがりなので健康食ライフがいつも三日坊主」という人に特にオススメ。血流がよくなって、体の隅々まで必要な「栄養」と「酸素」と「熱」がスムーズに運ばれ、元気になれるし、「作るのが簡単」「どんな料理でも使える」「コストがかからない」という3大要素を備えているから続けやすい。食べてすぐにそのパワーを実感しやすいのも魅力だ。

そのまま食べてもいいし、いろいろな料理にも使える酢タマネギ。玉ねぎだけではなく、漬けた酢もとることをお忘れなく!

最終更新:6/24(金) 10:22

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。