ここから本文です

障害者用「ヘルプマーク」を全国共通化できないか―読者の質問に答えます

政治山 6/24(金) 11:50配信

 政治山読者の方から、都内でしか使えない「ヘルプマーク」に関して、「全国共通化できませんか」というお問い合わせをいただきました。そこで、ヘルプマークについて調べました。

都営の交通機関で無償配布

 ヘルプマークは2012年10月、都営地下鉄大江戸線で優先席へのステッカー標示やマーク配布から始まり、その後、他の都営交通(地下鉄とバス)、ゆりかもめ、多摩モノレールに広がりました。

 外見では障害のない人と見分けにくい、何らかの障害を抱えた人が身につけることで、公共交通機関での優先席利用に理解を図るためのマークです。対象となる障害者の例を挙げると、義足や人工関節の使用者、妊娠初期の人、心臓や肝臓、呼吸器など内部障害の人、難病の人、多発性硬化症(手足のしびれ、力が入らない、疲れやすい)の方など。

 東京都では、都営の交通機関などで対象者に無償配布しており、今年3月末までに11万5000個が配布されました。

 京都府でも東京都のヘルプマークを2016年4月から提供開始。このほか、青森県、徳島県、札幌市などの各自治体でも今後の導入が予定されています。

 一方、類似のマークは既にいくつかあります。NPO法人ハート・プラスの会が「ハート・プラスマーク」を、兵庫県が「譲り合い感謝マーク」を、山口県が「サポートマーク」を独自に作り、各団体や自治体で運用しています。

 東京都は、関東知事会でヘルプマーク使用を呼びかけるなど啓発に努める一方、「他のマークと共存しながら、利用者が都外でも使えるように努めたい」としています。

 また、今年4月に障害者差別解消法が施行されたこともあり、12月3日からの障害者週間ではヘルプマークの広報活動強化を検討中です。

 利便性を考えればピクトグラム(絵文字)は統一された方が周知されやすいと考えられますが、自治行政の範疇でもあるため、国が主導する予定は今のところありません。今後は、自治体間のさらなる連携に期待したいところです。

<株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー 編集・ライター 上村吉弘>

最終更新:6/24(金) 11:50

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。