ここから本文です

ディオール、ヴァレンティノのマリア・グラツィア・キウリを新クリエイティブディレクターに指名か

ハーパーズ バザー・オンライン 6/24(金) 1:12配信

日々ファッション業界を揺るがす、デザイナーの新任・退任問題。今日入ってきたこのニュースに、誰もが驚きを隠せないはず。 
 
“Business of Fashion”によると、クリスチャン ディオールはヴァレンティノのクリエイティブディレクターの一人、マリア・グラツィア・キウリをクリエイティブのトップに指名する予定との噂。
 
とある情報提供者は、BoFに「(7月の)クチュールのショーの後にアナウンスされるだろう」と明かしている。もしこれが真実ならば、キウリはメゾン ディオールの70年以上にもおよぶ歴史上初の女性クリエイティブディレクターとなる。彼女が2015年10月に退任したラフ・シモンズの後任を務めることに。

ディオール2017年クルーズコレクションでキャッチしたおしゃれセレブたち

キウリのディオール就任は、ヴァレンティノにも多大な影響を及ぼすことになるだろう。キウリは2007年からヴァレンティノ・ガラヴァーニ本人によって指名され、デザインパートナーのピエールパオロ・ピッチョーリとともにクリエイティブディレクターを務めている。
 
ヴァレンティノとディオールの両社とも、この噂について正式な声明文は発表していない。

最終更新:6/24(金) 1:12

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

なぜ今? 首相主導の働き方改革