ここから本文です

専門医に聞いてみた!「おなら」を減らす方法ってあるの?

OurAge 6/24(金) 14:00配信

何故かプープーおならがよく出てしまうという人は案外多いようだ。その原因は? 改善方法は? なかなか人には聞けない「おなら」について、便秘外来ではのべ15万人以上の便秘患者を治療しているという「小林メディカルクリニック東京」の小林暁子院長に聞いてみた。

Q 腸内環境改善の努力はしているのに、おならが減らないのはなぜ?
「おならの発生原因は腸内環境の悪化だけではありません。食べるときに空気の飲み込みが多い人がいるのです。多少の空気の飲み込みは誰しもあるのですが、あまりに多いと“空気嚥下症”という症状名がつくことも。

通常、口から入った空気は、肺へ向かいますが、この空気の飲み込みは、肺ではなく、食道から胃、腸へと向かいゲップやおならになります。炭酸飲料を飲んでもなりますが、ほかには、食べるのが早い人、しゃべりながら食べる人、唾を飲み込む癖がある人なども空気を飲み込み、ガスでお腹が張ったり、おならが多発する原因になったりします」

また、ストレスが多いと唾を飲み込む量が増えるため、空気の飲み込みが多くなると言われているとか。

Qおならを減らす方法ってありますか?
「食物繊維、乳酸菌、発酵食品などで、腸内環境を整える。炭水化物や脂肪分が過多な食事や肉食中心の食事はおならの量を増やしたり、においを強くします。
また、食べ方を見直してみましょう。早食い、おしゃべり食いの人は、無意識に空気を飲み込んでいることも。よくかんで食べることで、食べるときの空気の飲み込みは少なくできます」

そのほか、運動不足も腸内環境を悪化させる原因に。ウォーキング程度でも、腸のぜん動運動にはプラスに働くそうなので、思い当たる人はぜひウォーキングを。

「もひとつ、自律神経のバランスを保つために、十分な睡眠を心がけ、深呼吸などを取り入れるのもいいですね」

最終更新:6/24(金) 14:00

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。