ここから本文です

鳥栖、鹿島一筋16年の元日本代表DF青木を獲得「全力を尽くしたい」

フットボールチャンネル 6/24(金) 7:20配信

 J1リーグのサガン鳥栖が23日、鹿島アントラーズから元日本代表DF青木剛を完全移籍で獲得したことを発表した。

 青木は2001年に鹿島に加入後、2007年から2009年までのリーグ3連覇に貢献し、ナビスコカップや天皇杯のタイトル獲得にも貢献。今季はまだリーグ戦で1試合も出場がなく、在籍16年目にして苦しいシーズンを送っていた。

 青木は鳥栖のオフィシャルサイトを通じて「今回、移籍のお話をいただいた時、自分自身と正面から向き合いながら、いろいろな考えを巡らせました。その結果、新天地で挑戦することが自分にとって最良の選択であるという結論に至りました。自分のサッカー人生において新たなスタートを迎えますが、少しでもサガン鳥栖と地域のために貢献したいと考えています。

これまでの経験をいかしながら、自分に挑戦の場を与えてくれたクラブへの感謝の気持ちを胸に戦います。クラブに関係するすべての皆さんに喜んでいただけるよう、そして最高の形でシーズンを終えられるよう、全力を尽くしたいと思います」とコメントし、意気込みを語った。鹿島で培った経験を鳥栖でも活かしていきたいところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/24(金) 7:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。