ここから本文です

ドルト、ムヒタリアン絶対残留から突如方針転換! マンUに48億円で放出へ

Football ZONE web 6/24(金) 10:17配信

独地元紙報じる 来季終了後のゼロ円流出危機に首脳陣前言撤回か

 ドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがマンチェスター・ユナイテッドに4000万ユーロ(48億円)の移籍金で電撃移籍する可能性が浮上している。クラブ首脳陣は相次ぐスター選手の放出でサポーターの激怒を恐れ、ムヒタリアン絶対残留の方針を打ち出していたが、ここにきて放出に方向転換した。ドイツ地元紙「キッカー」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ドルトムントは今季若手の逸材を買い漁る一方で、チームの主軸を次々に失っていた。主将のドイツ代表DFマッツ・フンメルスがバイエルンに移籍し、司令塔の同代表MFイルカイ・ギュンドアンはマンチェスター・シティに移籍した。

 来季終了時に契約満了となるムヒタリアンはドルトムントからの契約延長オファーを断ってきた。代理人のミノ・ライオラ氏は昨季のブンデスリーガアシスト王がマンチェスター・ユナイテッド移籍を熱望していることを公言。移籍にプレッシャーをかけてきたが、ハンス・ヨアヒム・ヴァッケCEOは「絶対に出さない」と断固拒否してきた。

来季移籍金ゼロで失う危機を懸念

 しかしムヒタリアンは2013年にウクライナの強豪シャフタール・ドネツクからドルトムントに加入。その時に結んだ4年契約は、来季限りで満了を迎える。そのため来季移籍金ゼロでエースを失う危機に際して、方向転換を余儀なくされたという。ユナイテッドからは2400万ユーロ(28億円)の移籍金が届いていたが、48億円に増額した場合、放出に踏み切る方針に切り替えたとレポートされている。

 昨季公式戦23得点32アシストという衝撃の結果を残したムヒタリアンも移籍濃厚となり、来季は「小さな魔法使い」と呼ばれる日本代表MF香川真司に対する期待が高まることになりそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/24(金) 10:17

Football ZONE web