ここから本文です

イタリア、予想外の1位突破の理由。緻密な戦術と高い完成度を支える“コンテ・メソッド”

フットボールチャンネル 6/24(金) 7:30配信

イタリア代表は、グループEを1位で決勝トーナメント進出を決めた。アイルランド戦ではアントニオ・コンテ監督の就任初黒星となってしまったが、ベルギー戦とスウェーデン戦では攻守に渡って完成度の高さを見せた。予想外の1位突破を果たしたイタリア代表だが、そこにはアントニオ・コンテ監督の“メソッド”が隠されていた。
(文:神尾光臣)

【イタリア代表、グループEを1位で決勝トーナメント進出 EURO2016 最新順位表】

イタリア代表、アイルランド戦黒星も1位通過

 グループEでベルギー、スウェーデンを下し、1位を通過を決めていたイタリアは、22日のアイルランド戦で敗れた。サポーターの大声援に乗って激しい当たりを敢行する相手に刺し負け、終盤に右クロスからヘッドを決められる。アントニオ・コンテ監督就任後、実はこれが初めての公式戦における敗北だった。

 もっとも、負けたところで成績上の影響は何もない。そういう位置付けの試合にあって、必然的に前2戦に出場したメンバーの多くを温存。今大会3試合目にしてディフェンスは初失点を喫したが、レオナルド・ボヌッチが「自分も警告を貰っているし強くは行けなかった」と言い訳をしてもある程度許容はされるというものである。

 ただイタリアは格下であっても、フィジカルで押して来る相手は苦手にしている。7勝3分のEURO予選でも、苦戦した試合はそんな試合が多かった。もしアイルランド相手に決勝トーナメント進出を掛ける状況になっていた場合、ベストメンバーを組んでも良い結果が得られたかどうかはわからない。そう考えれば、やはり先のベルギー、スウェーデンに勝ったことが全てであった。

 緊密な組織守備で相手の攻撃を封じる。DFラインを深く下げて中盤でのボールキープは譲っても、前線からの執拗なプレスで攻撃を限定させるとともに、緻密にカバーをしあってゴール前のスペースを消す。ベルギー戦では攻められながらも枠内シュートはわずか2本に抑え、スウェーデン戦では一本もなかった。

 この2試合で、守備の要であるジャンルイジ・ブッフォンはあまり仕事をしていない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるスウェーデン戦の個人採点では、ブッフォンに対してはなんと「評点なし」という評価になっていたぐらいだ。

 まさにこれは今シーズン、ユベントスで974分間の連続無失点記録を樹立した時の姿と同様。ユーベの後方ユニットをそのまま移植した効果は、はっきりと見て取れる。

1/2ページ

最終更新:6/24(金) 10:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。